インタビュー

教育・スクール

Second Home Space

9年間の海外生活を経て帰国。高校で初めて日本の教育を受け、その在り方に疑問を感じる。大学で金融を学んだ後、教育改革を目指し学習塾に就職。オーナーから譲り受けた塾を「Second Home Space」と名付け、2019年12月に開校した。

Second Home Space
住所 〒185-0021
東京都国分寺市南町2-14-6
フラッツ秦1F
URL https://www.2ndhomespace.com/

矢部 東京都国分寺市で学習塾「Second Home Space」を手がける山中塾長は、どのようなご経歴をお持ちですか?

山中 私は、小学生から中学生までの期間を海外で過ごしました。高校生のときに帰国し、初めて日本の教育を受けたんです。そのときに、日本の教育方針に大きな疑問を感じました。

矢部 疑問に感じた点について、詳しくお聞かせください。

山中 例えば、日本では生徒が教壇に向かって座り先生の授業を聞きますよね。しかし海外では、生徒たちが円卓の形に座って、その日のテーマについて活発に議論を展開します。先生は、あくまでもサポート役に過ぎないんですよ。私は、日本の教育を改革しようという意欲が芽生えました。そして24歳で新規開校した学習塾の塾長に就任したんです。その後、他塾で閉塾の話が持ち上がっていることを聞き、私が経営を引き継ぎました。

矢部 なるほど。では、こちらの塾の特長についてもうかがえますか?

山中 1対1の完全個別指導で、1回の授業が90分です。講師は教育スキルやコミュニケーション能力が高い東京学芸大学の学生のみを採用していますよ。また、「生徒を叱らない、褒めない」ことをポリシーにしています。というのも、子どもにとって重要なのは、人から褒められたり叱られたりしなくても勉強に取り組む自主性を育むことだからだと考えているからです。

矢部 とは言え、子どもの自主性は簡単に伸びるものなのでしょうか?

山中 そこで当塾では、最初の面談で生徒さんと話し合い、将来の目標やそのために必要なカリキュラムを二人三脚で決定します。今の自分に足りないものは何か、自ら判断してもらうので、「勉強しよう」という意欲が自然に湧いてくるんです。さらに言えば、宿題も出しません。90分の授業で学習内容を完璧に理解させるので、子どもたちは進んで予習・復習をしてくれるようになるんですよ。確かに、このスタイルを貫くのは手間がかかります。でも、入塾前に生徒さんや親御さんとしっかり話し合い、本人の意識が変わるのを見届けてから授業に取り組んでいるんです。

矢部 そうして結果につながっていくと、塾長もやりがいを感じるのでは?

山中 はい。ありがたいことに、当塾は志望校合格率100%を達成し続けているんです。もっとも、私の目標は生徒を志望校に送り込むことではありません。日本全国を対象に、社会に出てからもやりたいことに向かって突き進み、成長できる自立した人間を育てることなんです。そのためにも、私はオンライン授業を本格的に展開し、勉強以外のことでも最高峰のレベルで教えられるプラットフォームの設立を計画しています。子どもたちの言葉に耳を傾け、夢に向かって走る彼らのサポートを続けるつもりです!

GUEST COMMENT

矢部 美穂

子どもたちが率先して学び、成長することを目標に掲げる「Second Home Space」さんは、これまでにないまったく新しい学習塾でした。理想的な教育環境を保つのは大変だと思います。挑戦を続ける山中塾長には、この先も子どもたちや親御さんのため、日本の教育を変えるために頑張っていただきたいですね!


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則