インタビュー

卸・販売

グランセル 合同会社

調理師専門学校を卒業し、パティシエとしてホテルや飲食店に勤めた。その後、飲料メーカーの営業職を経て、程なくして不動産業界や人材業界で営業経験を積み、独立。2020年に営業代行サービスを手がけるグランセル(同)を設立した。

グランセル 合同会社
住所 〒344-0021
埼玉県春日部市大場1196-13
URL https://www.gransel.com/

水野 埼玉県春日部市で営業代行サービスなどを手がけているグランセル(同)さん。まずは、大塩代表のこれまでの歩みからお聞かせください。

大塩 私はもともとパティシエとしてホテルなどで働いていたんです。程なくして、自分のお店を立ち上げたいと考え、開店資金を貯めるために、飲料メーカーで営業職に就きました。6年ほど経験を積む中で、営業の仕事が楽しく感じるようになりましてね。その後は友人から誘われたことを機に、不動産業界で営業の仕事をすることにしたんです。

水野 それが代表と営業職の出合いだったと。代表の挑戦心が感じられるお話です。その後はどのようにして独立に至ったのでしょうか?

大塩 実は、不動産業界ではなかなか思うように力を発揮することができず、心が折れてしまったんです。そんなときに、ある方が私の能力を見込んでくださり、飲料自動販売機を扱う企業へ転職しました。そこで再び営業という仕事に対してやりがいを感じた私は、スキルを伸ばすため人材派遣会社へ移ったんです。するとありがたいことに、約1年で実力が認められ役員にならないかというお話をいただいたり、いろいろな会社からお誘いを受けたりすることが増えていきました。悩んだものの、人生を懸けた挑戦をしてみようと考え、起業を決意したんです。

水野 それはすごいですね。営業のお仕事は代表の天職だったと言っても過言ではないでしょう。扱っていらっしゃる商材はどのようなものなのでしょうか?

大塩 現在は、主にインターネット回線などの通信系のものを中心に扱っています。とはいえ、当社で働く仲間たちはさまざまな経験を積んできたので、幅広い商材に対応できるんです。どんな商材であっても、ご相談いただければあらゆる手法を提案し、誰も損をすることがないように対応させていただきます。

水野 それは心強いです。代表がお仕事をするうえで心がけていることがあれば教えてください。

大塩 私は、関わってくださった人が皆幸せになってほしいと考えながら仕事をしていましてね。また、従業員のことは家族のように思っていて、皆の能力を引き出すサポートができるよう心がけています。

水野 そんな代表が思い描く先の構想についてはいかがでしょうか?

大塩 新しい事業を始めたいと考えていて、具体的には数年後に飲食店を立ち上げたいんです。パティシエとして働いていた頃、飲食業界はお給料や人間関係の悩みを抱え退職してしまう若者が多いなと感じていましてね。それらの問題点を改善したお店をつくりたくて。それだけでなく、私の周りにいる方々と協力して、住宅や商業施設なども立ち上げて、新しい街を生み出していきたいです!

GUEST COMMENT

水野 裕子

さまざまな経験を積み、挑戦し続けてきた大塩代表。幅広い人脈をお持ちの代表が抱く今後の展望についてうかがい、私もとてもワクワクしました。また、従業員の皆さんには楽しみながら働いてほしいと常に伝えていらっしゃるそうです。これからも優秀な従業員の方々と共に走り続けてくださいね。


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則