インタビュー

建築

株式会社 萩原電気工業

(株)萩原電気工業の2代目代表取締役社長を務める父親のもとに生まれる。学業修了後は、10代で漁業の仕事を始め、屋形船の船頭としても経験を積む。28歳のときに家業に戻ることを決断し、事業に参画。2018年に3代目代表取締役社長に就任した。

株式会社 萩原電気工業
住所 〒160-0001
東京都新宿区片町1-6
URL http://hagiden.net/

矢部 (株)萩原電気工業さんは、萩原社長のお祖父様が創業なさったとうかがいました。

萩原 そうなんです。祖父が創業して、父親がその後を継ぎ2代目代表取締役社長を務めていました。

矢部 では、萩原社長は3代目ということですね。まずはこれまでの歩みからお聞かせいただけますか?

萩原 私は、10代の頃から漁業の仕事をしていたんです。それと同時に屋形船の船頭もしていましてね。しかし、28歳のときに家業に戻ることに決め、当社で働き始めました。その頃の当社は、企業様を対象とする電気工事を中心に、一般的な電気工事の仕事を請け負っていたんです。

矢部 そこから事業を拡充してこられたと。きっかけは何だったのでしょうか?

萩原 あるとき、かつて当社で働いていた仲間から、豊洲市場の工事を手伝ってほしいという依頼がきましてね。電気工事の中でもとても特殊な依頼であるだけでなく、多くの人手が必要になる工事でした。当時の従業員数は3名ほど。そこでまずは、仕事の依頼をくれた仲間の働く会社に従業員全員で通い、施工技術を身に付けることにしたんです。それが当社の転機となりました。

矢部 どのように変化が訪れたのか気になります。

萩原 そこから対応できる工事の幅が広がり、工場や百貨店などの施工にも携わるなど実績を積んできました。そして2018年に私が3代目代表取締役社長に就任し、程なくして新国立競技場の延線工事の依頼が舞い込んできたんです。

矢部 大きな変革を迎え、現在はどのような事業を手がけていらっしゃるのでしょうか?

萩原 電気工事を軸に事業を進めています。その中でもケーブル延線工事を請け負う機会が多いですね。ケーブル延線工事は、人の力で引くことが難しいほどの重いケーブルを何台もの機械で引き、従業員同士で連携を取りながら特殊な工法で敷設していきます。言うまでもなくとても危険な仕事なので、チームワークが要となる仕事なんです。

矢部 現在の陣容についても教えてください。

萩原 従業員は全部で11名おりまして、そのうちの8名は2018年以降に入社したばかりなんですよ。未経験の従業員もいるものの、人材育成にしっかり取り組んだところ、嬉しいことに皆の成長も早く、仕事の依頼もどんどん増えていきました。

矢部 これからも皆さんと共に、活躍し続けてくださいね。では最後に、今後の目標をお聞かせください。

萩原 家族に誇れる仕事をしたいですし、そんな仕事を従業員たちにさせなければと思っています。そしてさらに事業の幅を広げていき、成長し続けたいです。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

萩原社長のお話を聞いて、とても充実した日々を過ごしていらっしゃる様子が伝わってきました。新たな人材の育成にも注力していらっしゃる社長。事業の変革に成功した今だからこそ、さらに大きく飛躍していってほしいです。(株)萩原電気工業さんのユニフォームがとてもおしゃれだったのも印象的でした!


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則