• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • Bridal Agency Dream Bridge 代表 樰澤 昌幸 (たらさわ まさゆき)

インタビュー

サービス

Bridal Agency Dream Bridge

大学卒業後は電機メーカーに就職し、宇宙機の熱設計に携わる。約30年間の勤務を経て、退職。多くの人の人生の節目となる結婚に関わる仕事をしたいと考え、日本結婚相談所連盟(IBJ)に正規加盟し、「Bridal Agency Dream Bridge」を立ち上げた。

Bridal Agency Dream Bridge
住所 〒192-0375
東京都八王子市鑓水2-75-4
[ホームページ] http://www.kdreambridge.com/
[Facebook] https://www.facebook.com/Bridal.Agency.Dream.Bridge

吉井 樰澤代表は、以前はブライダル業界とはまったく違う業界でご活躍なさっていたそうですね。

樰澤 ええ。以前は電機メーカーに勤めていて、人工衛星の熱設計に携わっていました。私が手がけた人工衛星は、今もなお宇宙を飛んでいるんですよ。

吉井 それはすごい!では、なぜこの業界に転向なさったのでしょうか?

樰澤 30年ほど前職に務めていたものの、人工衛星はなかなか人の目に触れるものではなく、他の人に仕事の内容を話してもわかってもらえない部分もありましてね。やりがいは感じていたものの、もどかしい思いをすることもありました。そんなとき、実家で火災が発生したんです。私は妻と共に実家から離れたところに住んでいたものの、火事に遭った父親や母親、兄弟をしっかり支えなければと思いました。それだけでなく、人を支えられるのは人だと実感し、人の助けとなるような仕事をしようと決めたんです。いろいろ模索する中で、結婚相談所の仕事にたどり着き、挑戦してみることにしました。

吉井 長年身を置いていた業界を離れることに不安もあったことと思います。

樰澤 そうですね。しかし、そんな私の背中を妻が押してくれました。妻はもともと大学時代の同級生でしてね。前職では一緒に働いていたんです。音楽やスキューバダイビングなど、共通の趣味を楽しみながら過ごしてきて、もうすぐ銀婚式を迎えるところです。

吉井 とても良い夫婦関係を築いていらっしゃるのですね。そんな代表ご夫婦のようになりたいと思う方は多いと思いますよ。趣味など、一緒に楽しめるものがあると夫婦の時間もより一層楽しいものになりますよね。

樰澤 私もそう思います。そのため、当所が企画する婚活パーティは、会員の皆様がご自身と同じ趣味を持つ方と出会えるようなイベントにしているんです。

吉井 共通の趣味があると話題も盛り上がりますし、自然な流れで交際へ発展するでしょうね。人と人をつなげるお仕事に、代表ご自身もやりがいを感じていらっしゃるのでは?

樰澤 もちろんです。また、この仕事と前職の共通点も多くありましてね。人工衛星をつくる際には、関連企業や部門といった多くの方と関わります。そのときに、たくさんの方の意見や要望に耳を傾けながら仕事をしてきました。その経験を生かして、結婚相談所の仕事も会員様一人ひとりと向き合い、お話をうかがいながら皆様をサポートしていきます。

吉井 これからも多くの方を幸せな結婚へ導いてさしあげてくださいね!

樰澤 はい。会員の皆様がリラックスして、ご自身の結婚に対する思いや考えが話せるようなアットホームな環境を用意しておりますので、一人でも多くの方にご相談いただけますと幸いです。

GUEST COMMENT

吉井 怜

笑顔が素敵で、とても穏やかな雰囲気をお持ちの樰澤代表。奥様との関係性も素敵で、素直に「結婚っていいな」と思えるエピソードが満載でした。婚活に悩んでいる方は、お話もしっかり聞いてくださる代表のいる「Bridal Agency Dream Bridge」さんを訪れてみると良いかもしれません。


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則