インタビュー

サービス

コンドル

学業修了後は自動車部品の製造会社に就職。その後、建設や飲食業界に転職し経験を積む。知人から配送の依頼を受け荷物を届けた際に配送業の楽しさを知り、25歳のときにドライバーへ転向。運送業の経験も経て、2018年に独立し「コンドル」を立ち上げた。

コンドル
住所 〒432-8022
静岡県浜松市中区山手町25-1
レオパレス山手 104
URL https://condoru.net/

矢部 鈴木代表はもともと運送業界にいらっしゃったのですか?

鈴木 いえ、学業修了後は自動車のシートベルトを生産する工場で働いていたんです。着実にキャリアアップしていたものの、忙しさのあまり体調を崩してしまいましてね。そこで、これ以上働くのは難しいと判断して、退職することにしたんです。それからは、建設業界や飲食業界で働くなどして見聞を広げていました。そしてあるとき、配送会社を経営している知人から、軽貨物のスポット便の仕事を手伝ってほしいとお願いされたんです。

矢部 それが代表の転機となったようですね。

鈴木 そうなんです。ドライバーの仕事に楽しさを覚えた私は、その知人の会社に転職することにしたんですよ。業界のルールなどを教えてもらいました。その後は一旦業界を離れ冷凍食品を管理する職場で働くことになったものの、とても過酷な環境につらさを感じていたところ、ある企業から運送の仕事を委託されたんです。そこで、独立を決め、運送業を手がける当社を立ち上げました。

矢部 なるほど。ちなみに配送業と運送業の違いは何なのでしょうか?

鈴木 配送業は、バイクや軽自動車などを使用して、拠点から個人宅や店舗へ荷物を届けることです。一方運送業は、トラックで物流センターなどから工場などへ物品を届けることを指します。
 そして、どちらもサービス業ではあるものの、配送業者に比べると運送業者は、お客様への接し方が雑なドライバーも少なくありません。つまり、お客様第一主義ではなくドライバー第一主義になってしまっている業者があると私は感じていましてね。しかし当社は、お客様に快適にご利用いただけるだけでなく、心から喜んでいただけるサービスを提供することを大切にしています。

矢部 そのためには、従業員さんたちにもしっかり指導をしなければなりませんよね。育成面や接し方で気を付けていらっしゃることはありますか?

鈴木 皆とはあまり距離をつくりすぎずに、様子をうかがいながらフレンドリーに接するよう心がけています。ほとんど毎日顔を合わせますし、皆には楽しく働いてほしいんです。上司と部下といった堅苦しい関係ではなく、皆で気軽にコミュニケーションが取れる職場環境を構築していきたいですね。

矢部 最後に、今後のビジョンについてお聞かせください。

鈴木 まずは、事業を拡充していきたいと考えています。また、物販事業を立ち上げれば、コストをかけずにお客様に商品をお届けできると思うんです。そのため、5年以内にアパレルの物販事業を手がけたいと思っています。そのためにも、さらに研鑽を重ねていき、優秀な人材の育成にも注力していくつもりです。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

人を大切にし、運送業界を変えようと情熱を燃やす鈴木代表。お話をうかがって、仕事に対してとてもやりがいを持って取り組んでいらっしゃる様子が伝わってきました。ドライバーさんたちを上手にまとめていらっしゃる代表には、これからも活躍し続けていただきたいですね。


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則