インタビュー

スペシャリスト

最適な答えを導き出す

宮地 では、所長がお客様と接する際に心がけていることをお聞かせください。

伊藤 私が意識しているのは相手の立場や気持ち、考えを理解しつつ、専門家として適度な距離感で対応することです。

宮地 所長は堅苦しい士業のイメージとは違い、とても明るくて話しやすい性格の方なので、ご相談者様も安心してお話しできると思いますよ。

伊藤 ありがとうございます。また、先ほどもお話ししたように、必要に応じて、私の仲間の弁護士や税理士、公認会計士などに速やかに連絡を取ることも心がけています。独立をしてからスムーズに連携を取ることができているので、素早くお客様のお悩みを解決することができているんですよ。

宮地 ここまでお話しをうかがって、所長がとても生き生きと仕事に取り組んでいらっしゃる様子が伝わってきました。悩みを抱えていても、弁護士に相談すればいいのか、司法書士に相談すればいいのかわからない方も多いと思います。そんな時に所長のような存在が近くにいてくれるととても心強いでしょうね。

伊藤 ぜひ多くの方に、気軽に何でも相談していただきたいと思っています。司法書士の仕事は、専門的なスキルを生かしていろいろな悩みを抱えている方をサポートできるところが魅力。そして私の場合は、一人で解決するのが難しそうなご相談にも仲間と協力すれば最適な対応をすることができるだけでなく、積極的に新しいことに挑戦することができる状況なので、常にやりがいを感じながら仕事をしています。
 今後は、当所の理念をしっかり理解してくれるスタッフを増やして事務所の規模を大きくし、ゆくゆくは法人化を果たしたいですね。

GUEST COMMENT

宮地 真緒

顔の見える司法書士として地域の方々のお悩みを解決している伊藤所長。独自のネットワークを生かして、迅速に対応してくれることでしょう。お話もわかりやすく、とても暖かい雰囲気をお持ちの所長になら、事業や相続に関わることも安心して相談できると思います。これからも、地域の方々の支えとして活躍し続けてくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則