インタビュー

スペシャリスト

株式会社 ラッキー・クロス企画

福岡県出身。学業修了後、大手信託銀行での勤務を経て建物管理業界へ。1万戸のマンションを管理するうちに、確実に劣化し水漏れを起こす給排水設備の問題点に気付く。この現状を変えるべく、(株)ラッキー・クロス企画を設立。「マンションドクター」として活躍中だ。

株式会社 ラッキー・クロス企画
住所 〒274-0060
千葉県船橋市坪井東5-9-1
TEL 090-6541-0262
URL https://www.lucky-cross.com/
MAIL tsuji_lucky1@nifty.com

駒田 まずは、辻社長の歩みを教えていただけますか?

 私は学業修了後、大手信託銀行に就職しました。その後、建物管理会社に出向し全国で1万戸に及ぶマンションの管理に携わってきたんです。定年時、付き合いのあった給排水管設備工事会社から乞われ転職し、2005年に独立を果たしました。さて、駒田さんはマンションの給排水設備がどれくらいの期間で劣化するかご存じでしょうか?

駒田 残念ながら存じあげません。

 実は、給水管は建築から25年、排水管は35年で劣化事故が起こりはじめ、鉄製管の宿命として必ず発生します。日本の給排水管は鉄でできているので、水道水に含まれる塩素により錆が発生し、穴が開いてしまう。すると、あるとき急に大量の水があふれ出す事故につながってしまいます。

駒田 衝撃的なお話です。これはもっと周知されるべき情報ですよね。

 そうなんです。しかしながら、こういう情報をマンションの居住者や管理組合は、知りません。ですから突然の水漏れに驚き、工事業者や管理会社の言いなりで修繕することになってしまう。こうした事例を数えきれないほど見てきた私は、現状を変えるべく独立しました。

駒田 なるほど。給排水設備の点検や修理には多額の費用がかかるのでは?

 ご安心ください。当社はファイバースコープを使った検査に加え、修理では「更生工法」をお勧めしているんですよ。これは、給排水管に砂を入れ強力なバキュームで吸引し、特殊な金具でこびりついた錆と汚れを削り落とす工法です。壁や天井を壊さず、排水管そのものも交換することなくきれいにできます。管を取替える工法と比べて工事費は大幅に削減され、工期も圧倒的に短くなるんです。ほかにも、国交省が認めた数々の工法から最も適切なものをご提案しています。

駒田 私たちの生活を陰で支えてくださる社長のご活動は、社会的にも大変意義のある素晴らしいものだと思います。

 ありがとうございます。給排水設備が劣化したため事故を起こすこととなる、築後30年超のマンションは、首都圏で4割に達しています。いざ水が漏れると入居者の財産を損なってしまいますし、設備の改修には莫大な費用がかかりますよね。また、事故の責任や賠償問題も発生しかねません。そこで私は、そうなる前に対応が必要だと啓蒙し、事故を未然に防ぐためにも早めの調査と診断をお勧めしているんです。

駒田 そうしたお話を、すぐに聞いてみたい方はどうすればいいのでしょうか?

 実は最近、給排水設備の問題点を解説した動画をYouTubeで公開しました。今後もライフワークとして取り組み、皆様の大切な財産を守るお手伝いができれば幸いです。ご質問や相談は、お気軽にメールや電話でご連絡ください。

GUEST COMMENT

駒田 徳広

マンションは見た目がきれいなら設備もきれいと思いがちで、給排水設備の劣化まで考えが及ばないものです。しかし、突然の水漏れほど怖いものはありません。マンションドクターの辻社長には、一人でも多くの方に貴重な情報を広めていただきたいですね。その活動を応援しています!


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則