• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 シーダス / 株式会社 セカンドインターナショナル CEO 田原 彩華

インタビュー

スペシャリスト

株式会社 シーダス株式会社 / セカンドインターナショナル

リユースの買取販売を手がける企業に勤務し、ネット通販部門で活躍した後、独立。その後、不用品を回収し海外へ輸出する(株)セカンドインターナショナルと提携し、越境ECに特化した(株)シーダスを立ち上げる。

株式会社 シーダス
[head office] 〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉7-22-16
URL https://xeedas.com/
株式会社 セカンドインターナショナル
URL https://www.navida.ne.jp/snavi/100648_1.html

時東 リユースEC事業を手がけていらっしゃる田原社長。まずは、社長の歩みからお聞かせください。

田原 私は、前職時代に買取専門企業や、不用品回収業者様、個人のお客様からの買取販売をメインに行う企業に勤めていたんです。そこではネット通販部門に所属し、マネジャーとして働いていました。

時東 そこからどのようにして独立に至ったのかが気になります。

田原 仕入れた品物は、リユース品としてしっかり流通販売させる必要があったものの、私は国内での流通販売に限界を感じるようになりましてね。そこで、私が独立をして、海外に販路を確立したり、経験を生かして越境 EC サービスを立ち上げたりして価値ある価格で販売できれば、もっと良い査定金額を提示してお客様に喜んでいただけるのではないかと考えて起業を決意したんです。

時東 なるほど。働く中で感じた問題を解決するために、新しいビジネスを始められたということですね。

田原 はい。まずは、不用品回収事業とタイやフィリピンといった東南アジアを中心に海外への輸出事業をしている(株)セカンドインターナショナルと提携して、さまざまな集まったリユース商品を検品査定して、EC販売を構築しました。環境が整ってきた 2020年2月に、新たに(株)シーダスを立ち上げ、国内外の海外通販事業を開始したんです。

時東 つまり販路開拓を模索している会社と提携し不用品の流通という大きな目的のもと、それぞれの役割を持つ企業とマッチングしたということですね。

田原 ええ。(株)セカンドインターナショナルで回収した不用品を、(株)シーダスで仕分けして必要としている方のもとへ届けるという仕組みです。

時東 不用品回収のサービスは個人・法人問わず対応していただけるのですか?

田原 はい。一般のお客様に対しては、家財評価アドバイザーとして、単なる不用品の買い取りだけでなく、遺品買取・整理などのご依頼も承っております。そして、お客様のご自宅におうかがいした際には、誠実に対応することを何よりも大切にしているんです。具体的には、お客様の目の前で物品の査定方法についてお話しして金額をお知らせしたり、他の店舗での買い取り価格の相場を細かくお伝えしたりしています。

時東 それは素晴らしいですね。今後についても教えてください。

田原 高齢化社会において、空き家問題や遺品整理などさまざまな問題が増えていくことでしょう。それにより、不用なモノや、財産分与などモノの価値を的確に査定しなくてはいけない機会も増えますのでお客様がご納得いただける買取や整理、回収見積りをしてまいります。また、文房具や子ども服を海外の途上国に寄付するなどの社会貢献活動にも注力していきます。

GUEST COMMENT

時東 ぁみ

私自身、他社の遺品買取・整理を利用した際に、曖昧な説明や対応をされて悲しい気持ちになったことがありました。しかし、田原社長のように業界全体を変革しようと努力してくださる方の存在は本当に心強いです。これからも、多くの方のためとなる事業を続けていってくださいね。


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 水野 裕子 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則