インタビュー

建築

花建工業

代表 花澤 将太
10代で建設業界に入り、経験を積む。24歳のときに独立し、「花建工業」を立ち上げる。着実に事業を拡大し続け、解体工事業・産業廃棄物収集運搬業・建設業の許可を取得した。

現場主任 梶 悠也
建設業界で職人として活動する。あるとき、某現場で花澤氏と出会い、誘いを受けて、2018年に「花建工業」の事業に参画した。

ロゴ
花建工業
住所 [本店]〒299-4212
千葉県長生郡白子町古所5449-27
[営業所]〒299-4212
千葉県長生郡白子町古所5421-4

大路 花澤代表も梶さんも、建設業界でのご経験が豊富だそうですね。まずは、これまでの歩みからお聞かせください。

花澤 私は、16歳のときにこの業界に入りましてね。以来、この道一筋に歩んできました。

 私は、職人として活動する中で、花澤と同じ現場に入ることが多くありまして。あるとき、花澤からの誘いを受けて、当社に入社することにしました。

大路 そうなんですね。代表はもともと独立を考えていたのでしょうか?

花澤 いえ、かつて勤めていた会社が東日本大震災の影響で経営が厳しくなり、それならば独立してみようと考えて、2013年4月に個人企業として「花建工業」を立ち上げました。

大路 独立してからはいかがでしたか?

花澤 独立当初はつらいこともありましたね。思うように仕事が得られず、副業としていろいろな会社でアルバイトもしていました。しかし、地道に努力を続けていた私のもとに仲間が集まるようになったんです。仲間たちに現場を任せることができたので、私は営業活動に注力することが可能となり、その結果、経営が軌道に乗り始めました。そして、事業拡大に伴い、2015年1月には重機を導入したんです。2017年9月には解体工事業、同年の11月には産業廃棄物収集運搬業の許可を取得しました。

大路 着実にステップアップされてきたのですね。

花澤 ええ。また、千葉県長生郡白子町古所の事務所は2019年に竣工したんですよ。さらに、2020年2月には外国人実習生の受け入れを開始し、同年6月には建設業許可も取得しました。

大路 現在は具体的にどのような現場を請け負っていらっしゃるのでしょうか?

花澤 最近では公共事業関連の現場の依頼が多いですね。誠心誠意対応することを常に大切にしているんですよ。また、仕事はスタッフの皆で考えながら、丁寧に進めています。

大路 とてもチームワークの良い職場なんですね。ちなみに、どのようなときにやりがいを感じますか?

 完工し、出来上がったものを自分の目で見た際には、感慨深く思いますし、モチベーションにもつながっています。

大路 では、最後に今後についてお聞かせください。

花澤 会社の規模を大きくすることはせずに、地域に根差した事業を進めることができればと考えているんです。これからも地域の企業様や皆さんのために、頑張っていきます。

主な取引先

白子町
(株)大多和組 / (有)幸治興業 / (株)丸岡興業
茂原市
(株)山崎組 / (株)ヤマシロ / 朝日プラント工業(株)
長南町
(株)荒井工務店

GUEST COMMENT

大路 恵美

従業員の皆さんのことを常に考え、チームワークを大切にしている花澤代表。そんな代表だからこそ、ここまで事業を大きくすることができたのでしょう。優秀な従業員の方々と共に、これからも地域のために活躍し続けてくださいね。応援しています!


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 水野 裕子 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則