インタビュー

美容・健康

Nail Salon SDI / SD Industry

兵庫県出身。義務教育中ながらも、お金を稼ぐことに強い意識があり、義務教育終了後から現場仕事を経験する。19歳で上京して大手家電量販店の派遣会社に入社し、会社収支・現場接客・教育を学び、新しく派遣会社を起業。香港の事業家と知り合ったことを礎に自らも海を渡り、香港を拠点に東南アジア・ヨーロッパと世界各地で事業を開始。日本の若者にお金を稼ぐチャンスを与えるため、清掃業を手がける「SD Industry」とネイルサロン「Nail Salon SDI」を立ち上げた。

Nail Salon SDI / SD Industry
[SD Industry] 〒276-0031
千葉県八千代市八千代台北1-10-7
NKビル3F 307
[Nail Salon SDI] 〒276-0031
千葉県八千代市八千代台北1-10-7
NKビル3F 301
TEL 080-2017-0221
公式LINE検索ID @633afvce
ホットペッパービューティー QRコードはこちらから>>>

千葉県八千代市を拠点にネイルサロン「Nail Salon SDI」と、清掃業を手がける「SD Industry」。両代表を務める藤井氏は海外でも数々の会社を立ち上げ、その知見を日本の若手へ還元すべく、新事業をスタートさせた。その独自の哲学に、女優の宮地真緒さんが迫った。


幼少から培われた起業家の精神

宮地 まずは、藤井代表の歩みからお聞かせいただけますでしょうか?

藤井 私は幼い頃は、ずっと貧しさを感じながら生活していました。それで早い時期から自分で“お金を稼ぐ”力を身に付けたいと考え、義務教育終了後10代で現場仕事を始め、19歳のときに地元の兵庫県を離れ1人で上京しました。

宮地 幼少期の苦しい経験が、仕事へ向かう大きな力になったのですね。

藤井 はい。上京後は大手家電量販店の派遣会社に入社し、営業職として働き始めたんです。コミュニケーション能力に自信があった私はすぐに良い成績を残すことができました。しかし、頑張っても給料の差がつかないことに不満を感じるようになってしまいまして。「これなら自分で起業したほうが良い」と思い、新たに派遣会社を設立したんです。

宮地 展開にスピーディさを感じます。そこから海外へ進出なさるタイミングはどのようにして訪れたのでしょうか?

藤井 創業時に受けた融資も4年ほどで返済し、順調に事業を運営していたところ、香港で金融・不動産などの事業を手がけている方と知り合う機会がありました。話をするうちに意気投合し、「ぜひ香港に来てほしい」と声をかけていただいたことから行ってみることに。すると、現地のビジネススタイルや考え方に思った以上に感銘を受けたため、そのまま事業のビジョンを立て、会社を立ち上げることになりました。そこからトントン拍子で事業拡大することができ、現在は香港を拠点に、東南アジア諸国・ヨーロッパと世界各地で事業をしております。

1 2


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 水野 裕子 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則