インタビュー

サービス

バレーナ 株式会社

北海道出身。上京して警備員として働くも、運送業に挑戦してみたいという思いから大手運送会社に転職する。その後、2年間の勤務を経て独立。2010年に個人事業主として運送事業を立ち上げ、2018年に法人化し、バレーナ(株)を設立した。

バレーナ 株式会社
住所 〒332-0015
埼玉県川口市川口4-11-2-1015
URL https://www.bale-na.com/

大路 運送業を主に手がけていらっしゃるバレーナ(株)さん。まずは、山田社長がどういった経緯でこの業界に入られたのかお聞かせいただけますか?

山田 もともとは警備員として働いていたものの、その頃から運送業に挑戦してみたいという思いがあったんです。そこで、大手運送会社に転職したことが、すべてのはじまりでした。当時は、一番忙しいという噂のあった東京支店に配属されましてね。朝から晩まで走り回り、食事をする時間がないこともあったんですよ。そして、そのような環境で、2年ほど経験を積んだ頃、これなら独立できると思うようになりました。

大路 運送業界は、やはり過酷な世界なんですね。現在はだいぶ働く環境も改善されてきたと聞いたことがあるものの、当時はとても大変だったことでしょう。

山田 ええ。また、独立したばかりの頃は、なかなか稼ぎを得られないこともありました。それでも、丁寧な仕事を続けていくうちに周りから認めていただき、仕事の依頼が増えていったんです。その結果、当時下請けとして依頼を受けていた日本郵便(株)さんの仕事を直接取り引きで請け負えるようになりました。

大路 大手企業と契約なさっているという実績は、これまで積み上げてきたものが認められたという何よりの証拠だと思います。ちなみに、従業員の方は何名いらっしゃるのでしょうか?

山田 20名ほど在籍しています。私は、皆が働きやすい環境を整え、利益もきちんと還元できるように心がけているんです。また、従業員とコミュニケーションをしっかり取ることも大切にしています。皆とは、家族のように和気あいあいとした雰囲気の中で働いていきたいですからね。

大路 明るい雰囲気づくりに尽力していらっしゃるのですね。社内でのコミュニケーションがきちんと取れていれば、お客様への接客レベルも高いものになると思います。

山田 そうですね。ドライバーがお客様へ荷物をお渡しする際に、一言声をかけるだけでお客様は安心されるでしょう。だからこそ、ドライバーの人柄はとても大切です。そのため、当社では人材育成にも注力しております。

大路 新型コロナウイルスの影響を受けてさまざまな宅配サービスを利用する人が増えましたよね。だからこそ、運送業者の方々のありがたみを痛感している方は多いと思います。私も荷物を受け取る側として感謝の気持ちを持ち続けていきたいですね。

山田 ありがとうございます。当社は、運送業界の中の企業として、さまざまなことに挑戦したいと思っているんです。これからも、企業として信頼と実績を着実に積み上げながら、スタッフも、お客様も、とにかく人を大切にした仕事を続けていきます。

GUEST COMMENT

大路 恵美

一般的に過酷だと言われている運送業界で、大きな躍進を遂げられたバレーナ(株)さん。山田社長が働きやすい環境づくりに尽力しているからこそ、人が集まり、仕事も増え続けているのでしょう。ぜひ、今後も社長の手腕を生かして、事業を広げていってください。これからのご活躍に期待しています!


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則