インタビュー

サービス

内山 その過酷な業務を、少しでもスムーズに進めるコツがあれば教えていただけますか?

宮川 何よりも大切なのは、効率よく順番通りに配達できるよう荷物の積み込み方を考えること。そのため我々の仕事は、その日に配達予定の荷物を車に詰め込む作業に十分な時間をかけるんです。また、一度に5軒、6軒と走り回って配達できるよう、車の停車位置を工夫することも大事ですね。そうすればスピード感のある仕事ができて、お客様に笑顔でお荷物をお届けできます。

体力とガッツのある人に来てほしい

内山 確かにそのやり方であれば、スムーズな仕事ができそうです。そういったノウハウは、日頃からドライバーの方たちに伝えていらっしゃるんですか?

宮川 もちろんです。また、配達は一人で回るため孤独を感じることが多く、お客様からクレームをいただいてメンタルをやられてしまう場合もあります。そこで私は、ドライバーと1日1回は電話やSNSでコミュニケーションを取っているんです。この仕事は、疲れが溜まるとベテランでも誤配達をしてしまうもの。だからこそプライベートやご家族のことまで気にかけて、ドライバーが安心して仕事に取り組める環境をつくり上げているんです。軽貨物運送の需要はどんどん伸びています。荷物が増えれば給料も増えていきますから、ドライバーに「こんなに稼げるなんて」と喜んでもらえると、私も経営者として心から喜びを感じることができますね。

内山 しっかり稼げるお仕事ですから、多くの方に挑戦していただきたいですよね。U Liberty(同)さんとしては、どのような人材に来てもらいたいとお考えでしょうか?

宮川 やはり、若くて体力とガッツのある方でしょうか。そして、商店街など人込みの中を車で走るわけですから、集中力も重要ですよ。「この交差点では、自転車の飛び出しが多い」といったように、たくさん注意するべきポイントがありますから。そのうえで、どうすれば効率的に配達できるかルートを考える能力も求められるので、先を読む力を備えたボクサーには向いている仕事です。

内山 私の知り合いに声をかけておきますよ(笑)。それでは最後に、軽貨物運送を始めたいと考えている方に力強いメッセージをお願いします!

宮川 先ほどもお話ししたように、この仕事はやる気さえあれば稼げます。当社はドライバーに丁寧な教育をしていますので、悩むことなく応募していただきたいですね。私の目標は、ライバルも多いこの業界で事業をさらに拡大すること。「宮川さんのようになりたい」と思ってくれる人をどんどん増やすべく、まい進していきます!

GUEST COMMENT

内山 高志

宮川社長がおっしゃる通り、努力次第で稼げる軽貨物運送はボクサーにぴったりなお仕事です。私の知り合いにも、引退後は軽貨物のドライバーになったボクサーが何人もいます。また、自分で事業を始めたい人が資金を貯めるためにも最適なお仕事です。今後もU Liberty(同)さんにはますます成長し、大勢の方を幸せな人生へと導いていただきたいですね!

1 2


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 水野 裕子 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則