インタビュー

建築

矢部 そんな社長の信念は、共に働く仲間たちとも日頃から共有していらっしゃるのでしょうか?

高橋 もちろんです。どの現場でも、「やるからにはしっかりやろう」と皆に声をかけています。また、仕事のことに限らず、スタッフや協力してくれる業者の方々とは定期的に食事会を開いてコミュニケーションを取るようにしているんです。現場で不満を聞くことがなくても、それぞれ抱えている悩みやストレスがあるかも知れないので、彼らとしっかり向き合って、対話をしていくことが大事だと思っています。実際に、一対一になることで踏み込んだ質問や意見を言う者もいるんですよ。そんな時間を、より良いチームづくりに生かしたいですね。

総合建設会社を目指して

矢部 お話を聞いていても、この先ますます成長していきそうな勢いを感じますし、期待感があります。会社としての将来のビジョンについて教えてください。

高橋 今は足場工事をメインで手がけているものの、最終的には総合建設会社として、建物の建設から解体まで、すべてを自社で担えるような体制を整えていきたいと考えています。ただ、事業として手がけるからには一流のものを提供したいという思いがあるので、急激に業容を拡大することはせず、まずは足場工事と親和性の高い解体工事から手を付けていこうと準備を進めているところです。

矢部 では最後に、社長ご自身の目標についてもお聞かせいただけますか?

高橋 私はこれまでたくさんの人に支えられて歩んできました。その中でも特に、お世話になった経営者の方がいらっしゃいます。その方は、おそらく足場工事業界では3本の指に入るくらいの実績をお持ちで、今でもアドバイスをいただいたり、一緒に仕事をさせていただいたりしているんです。私は、40歳までに、その方と同じくらいの技術を身につけて実績を上げることを目標にしています。その目標を実現するために、これからも確かな施工で皆様の役に立ち続けていきたいです。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

「苦労することも多かったけど、20代で定めた目標を30代で達成できたことは自信になった」とおっしゃっていた高橋社長。業界一筋に歩みながら、有言実行で事業を成長させてきたからこそ、社長を信じてたくさんの仲間が集まってきたのだと思います。まだまだ現在地は通過点でしょうから、ぜひチーム一丸となって飛躍し続けてください。私も応援しています。

1 2


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 水野 裕子 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則