インタビュー

建築

貫くポリシーは「責任」と「信用」

原田 では、社長ご自身が大切にしていることがあればお聞かせください。

武本 やはり、お客様や周囲の方々からの信用にきちんと責任を持って応え続けることです。現在リフォーム業界では、お客様の要望以外のオプションを強制して付けてしまう業者が多々あり、問題視されています。しかし当社では、施工の前にお客様のご要望を丁寧にヒアリングし、過度なオプションの提案はしないようにしているんです。また、お客様のご希望で施工中に仕様の変更が生じた場合でも、当初の予算内に収めるために工夫をして、お客様の負担が増えないよう努めています。

原田 そんな社長にならお客様も安心して依頼できると思います。お客様の気持ちを汲み取る姿勢は、きちんと会社の信用につながっていることでしょう。

武本 ありがとうございます。住まいのリフォームは数百万から数千万円もの費用が発生するもの。だからこそ私は、お客様に100%満足していただくために、お客様も私たちもお互いWIN-WINの関係になれるサービスを提供することを重要視しています。
 そして、これまで大変な時期もあり、自分に自信が持てずにいた時期もあった私を支えてくれて、魅力を引き出し自信につなげてくれたのはお客様も含め、周囲の方々です。顧客の方が新規のお客様を紹介してくれることも多々あります。そんな皆さんからの期待を裏切ることがないよう、これからも丁寧な仕事をし続けたいですね。

損得にとらわれない仕事をする

原田 こちらでは、具体的にどのような施工を請け負っていらっしゃるのでしょうか?

武本 当社では住宅リフォーム工事だけでなく、新築・増改築のような大きな施工の依頼にも対応可能です。社内で設計から施工まで一貫して請け負っておりますよ。また、エアコンの取り換えやコンセントの増設・移設、クロスの張替えなどにも対応しています。

原田 住まいに関わることなら何でも相談できるということですね。頼れる存在がいて、地域の方々も心強いと思います。

武本 また、私たちは本当にお客様のためになるサービスの提供を目指しています。だからこそ、見積もりや打ち合わせの段階でお客様が納得していなかったり、お客様と当社の意思疎通がきちんとできていなかったりする場合は、そのまま契約するのではなく、潔く身を引くことにしているんです。

原田 なるほど。損得で物事を考えず、どうすることがお客様のためになるかを考えて仕事に取り組んでいらっしゃるのですね。ここまでお話をうかがって、御社が長年の間、この土地で多くの方に信頼され、活躍し続けている理由がわかりました。最後に、今後の目標についてお聞かせください。

武本 若い職人の育成に注力して、10年後には自分が現場に出なくても質の高いサービスを提供できる会社にしたいと考えています。そして、今の自分があるのは、若い頃から大勢の先輩方にかわいがっていただけたおかげだと思っておりまして。これからも人とのつながりを大切にしながら、多くの方へ恩返しとなる活動を続けていきます。

GUEST COMMENT

原田 伸郎

お父様の後を継いでからも、地域の皆さんの信用にしっかりと応え続け、人とのつながりを大切にしながら事業に取り組む武本社長。まさに地域を代表する経営者といっても過言ではないでしょう。そんな社長には、いつまでもご自身の生き方を貫いていただきたいですし、それが(株)武本工務店さんの新しい時代を切り開くことにもつながるでしょう。

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則