• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 永田システムデザイン事務所 代表 / システムプランナー 永田 知靖

インタビュー

IT

永田システムデザイン事務所

ITに興味を持ち高校時代からシステムを学ぶ。広告代理店に就職後はシステム部門に配属される。顧客向けのシステムを開発するためマーケティングも意欲的に勉強するなど、約20年にわたって勤務。2019年12月に念願の独立を果たし、「永田システムデザイン事務所」を立ち上げた。

永田システムデザイン事務所
住所 〒616-8096
京都府京都市右京区御室岡ノ裾町17-25
URL https://n-sdesign.biz/

激動する時代の中小企業を技術者として応援したいと、高い志を抱いて「永田システムデザイン事務所」を立ち上げた永田代表。長年培ってきた豊富な経験と、柔らかい人柄を知ったタレントの原田伸郎さんも、「代表なら安心だ!」と太鼓判を押していた。


広告代理店でシステム開発を担当

原田 今日は、京都市を拠点にご活躍中の「永田システムデザイン事務所」さんにおうかがいしています。さっそく、永田代表が独立するまでの歩みを教えていただけますか?

永田 私は高校生の頃からIT分野に興味を持ち、卒業後は広告代理店に入社しました。そこではシステム部門に配属されたんです。この部署は、社内のシステムを管理するだけでなく、お客様と接する機会も多かったんですよ。スーパーマーケットをはじめとした小売店のプライスカードやPOPをインターネット経由で作成できる仕組みなど、現在も使われている幾多のシステムを開発してきました。また、そのためにはシステムだけでなくマーケティングなども学ぶ必要があり、さまざまな知識を吸収して、お客様の事業に貢献してきたんです。

原田 なるほど。もともと独立願望はお持ちだったのですか?

永田 はい。祖父・父が会社の経営者でしたので、いずれは自分が後を継ぐことになると思っていました。ところが、タイミングもあって義兄が3代目になりまして。私はひたすら広告代理店の業務に取り組んでいったんです。ただ、いつかは自分も起業したいという思いはありました。その希望を伝えるたびに引き留められて、結局、広告代理店には約20年勤めましたね。そして、これ以上居続けて独立をあきらめてしまえば後悔するだろうと、思い切って当社を創業しました。これまでの豊富な経験を生かし、より近いところでお客様一人ひとりに寄り添いたいと意欲を燃やしています!

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則