インタビュー

建築

西岡 スタッフの方たち一人ひとりと真摯に向き合う気持ちを持っていらっしゃる代表のもとには、この先も志を共にする仲間がたくさん集まってくると思います。代表ご自身もさらに飛躍されること間違いなしですね。

木俣 ありがとうございます。開業してからまもなく9年、これまでは自分の中にどこか焦りのようなものがありまして。「他に負けたくない」「この人より上にいこう」という気持ちが強くなりすぎて空回ってしまうこともありました。
 しかし今、あらためてチームで一丸となることの大切さに気付いたことで、皆で同じ方向へ進めているという手応えを感じています。自分と共に歩んでくれる人を大事にして、全員でまい進していく。大げさに言えば、それが私の使命なのかもしれません。

現場の在り方に一石を投じる

西岡 代表なら、どんな目標も達成なさっていきそうだという期待感があります。具体的に、次のアクションとして考えていらっしゃることはありますか?

木俣 直近で改善していきたいと思っているのは、現場の回し方ですね。今は自社だけで施工を行う現場がほとんどです。しかし、これからはもっと同業者同士の横のつながりを広げていく必要があります。お互いに仕事を依頼し合ったり、人手が足りない現場に応援に行ったりする関係を築ければと考えているんです

西岡 それは素晴らしい。代表がそうやって職人さんたちの旗頭となって積極的に行動することで、自ずと業界全体も活性化していきそうです。

木俣 そうなれば理想的ですね。職人は、技術に自信があればあるほど自分で仕事を取りにいくことに固執してしまいがちです。けれども、1人でこなせる現場には必ず限界があります。少しでも多くの若い世代を巻き込みながら、大きく強いコミュニティをつくりあげていきたいですね。

西岡 では最後に、これから出会うことになる未来のスタッフへ向けて、一言メッセージをお願いします。

木俣 この仕事を始めてからずっと、若い人材を育てることを目標に掲げて努力を続けています。なかなかチャンスを見出せずに苦労をしている人も多いでしょう。ここには一人ひとりがしっかり夢の実現に向かって踏み込めるよう、バックアップできる環境が整っています。技術を磨きたい人や独立を目指している人は、ぜひ一緒に歩んでいきましょう。

GUEST COMMENT

西岡 利晃

「誰かが頑張ろうと前を向くきっかけをつくれる人間になりたい」と語ってくださった木俣代表。自分のことだけにとらわれず、常に周囲を引き上げる気持ちを抱くというのは、決して簡単ではないはずです。お若いながらその視座に立っていらっしゃる代表の懐の深さには、心から感銘を受けました。人のためになりたいという真摯な思いは、必ず自分にも戻ってくるでしょう。ぜひ仲間を増やし、今後も空調設備業界をけん引する存在として飛躍を続けてください。私も陰ながら応援しています。

1 2 3


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則