インタビュー

サービス

パスメド-PASS MED-

大学卒業とともに薬剤師の資格を取得。学業修了後は外資系製薬メーカーに従事する。その後、予備校講師や薬局勤務を経験。これまでの経験を駆使し、薬剤師や薬学生のサポートをする「パスメド-PASS MED-」を2014年に創業した。

パスメド-PASS MED-
住所 〒660-0806
兵庫県尼崎市金楽寺町1-5-1
URL https://medicalcampus.jp/

木元 私はもともと空手や柔道、レスリングといった格闘技を幼い頃からやってきたので、ボクシングにもとても興味を持っていたんですよ。なので、西岡さんにお会いできるのをすごく楽しみにしていました!

西岡 そうなんですね!そうおっしゃっていただき、私も嬉しいです。ところで、木元代表は、もともと医療業界にいらっしゃったそうですね。「パスメド-PASS MED-」さんでは、どういった事業を展開されているのでしょうか?

木元 当社ではさまざまな事業を手がけています。一つは、「新薬情報オンライン」というサイトを通じて新薬や薬剤師国家試験に対する情報をいち早く発信しているんです。私はかつて、薬剤師として働いていたことがあるんですよ。その際に、いろいろな企業の新薬をまとめたサイトがあるといいなと思っていたことから、このサイトをつくりました。

西岡 なるほど。代表ご自身が欲しいと思ったものを形にされたわけですね。その他の事業についても詳しくお聞かせください。

木元 他には、薬学生を対象に教育事業を行っています。実は私は、予備校の講師として勤務していた経験もあるんです。その経験を生かしてオンライン上で授業を開催しています。そして、現在私たちが一番注力している事業は、成績が優秀な薬学生限定の就職活動支援サービスなんです。

西岡 優秀な薬学生限定とは珍しいですね。ちなみに就職支援とは、就職先を紹介するというものでしょうか?

木元 そうですね。成績が優秀な薬学生たちと企業の間に当社が入り、双方をつなげております。少しでも良い条件のところで学生たちには働いてほしいと思っているんです。

西岡 企業側としても優秀な人材が欲しいでしょうから、両者にメリットのある事業だと思います。これから認知度がますます高まっていくでしょうね。

木元 そうであれば嬉しいですね。薬局業界では、大学生に就職先を斡旋するサービスはまだ浸透していないのが現実です。だからこそ、多くの方に満足してもらえるサービスを当社で展開していきたいと考えています。思いついたアイデアは、スピード感を持ってどんどん形にしていくつもりです。

西岡 代表からは非常にいきいきと仕事をしていらっしゃる様子が伝わってきますし、何よりもやりがいのあるお仕事だと思いました。これからのご活躍がとても楽しみです。

木元 ありがとうございます。今は明確なビジョンはないものの、一歩ずつ着実に前へ進んでいきたいと思っているんです。新しい取り組みを形にすることができているのは、賛同してくれる仲間がいるからこそ。これからも、仲間と共に挑戦し続けていきます。

GUEST COMMENT

西岡 利晃

「やってみたい」と思ったことに対して、果敢に挑戦する姿勢が非常に素晴らしいと思いました。さらに、しっかりと業績をあげていらっしゃいますし、社会貢献につながっているのも明白です。今後も、ぜひ多くの方に喜ばれるビジネスをどんどん展開していってくださいね。


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 名高達男 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則