インタビュー

建築

株式会社 錻力屋

デザインの専門学校を卒業後、瓦屋業を手がける父親の会社で働く。その後会社を畳むものの、仕事にやりがいを感じるようになり、同業界で独立を決意。個人事業主として板金工事を数多く手がけた。そして、2020年に法人化を果たし、(株)錻力屋を設立した。

株式会社 錻力屋
住所 〒343-0823
埼玉県越谷市相模町4-5-3
URL https://www.buriki-ya.com/

矢部 埼玉県越谷市で板金工事を手がけていらっしゃる(株)錻力屋さん。まずは、板尾代表が職人の道に進んだきっかけについて教えてください。

板尾 私はもともと絵を描くことが好きで、デザインの専門学校に通っていました。程なくして、稼ぎが必要になり、瓦屋業を手がけていた父の仕事を手伝うようになったんです。しかし、会社を畳むことになってしまいましてね。仕事を続けるうちにやりがいを感じるようになっていた私は、独立することを決意し、個人事業主として板金工事を手がけてきました。この業界に携わって30年になりますよ。

矢部 法人化されたのは2020年だとうかがいました。何かきっかけがあったのですか?

板尾 息子が2人いまして、彼らも一緒に仕事をするというので、法人化しようと決意した次第です。さらに、ベテランの職人さんを雇い、現在は4人体制で日々仕事にまい進していますよ。ベテランの職人さんには、将来的に現場から離れても、若い職人たちに本物の技術を教える存在になっていってほしいと考えているんです。

矢部 現在の事業内容についてお聞かせください。

板尾 当社は屋根や外壁のリフォーム、板金工事を手がけています。板金工事では、主に雨樋の修理や交換を行っているんです。住宅から店舗、工場などさまざまな物件に対応していますよ。また、関東全域に対応し、お住まいのトラブルにスピーディにおうかがいできるのも当社の強みですね。

矢部 それは心強い!代表がお仕事をするうえで大切にされていることはありますか?

板尾 大事にしているのは、身だしなみやあいさつ、清潔さといった常識的なこと。現場に乗っていく車はきれいにし、上着も適当に放るのではなく、必ずハンガーにかけてトラックの中に吊るすようにしています。そうした心がけをすることが、お客様からの信頼につながっていくと考えているんですよ。

矢部 細かなところまで徹底されているんですね。それでは、今後のビジョンについてお聞かせください。

板尾 現在は営業に注力していることもあり、業績も大幅に伸びています。この勢いを持続して、これからも引き続き仲間と共に丁寧な仕事をしていきたいと思っています。そして、地域に密着した業者として、皆さんから信頼してもらえるような企業であり続けたいですね。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

板尾代表のお話をうかがっていて、素敵なチームワークが築けている様子が伝わってきました。私も飲食店を家族で経営しています。家族で頑張っているとお客様も温かい目で見てくれますから、今後さらに多くのお客様から愛される会社になっていきそうで楽しみですね。


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則