インタビュー

卸・販売

DELFINO

学業修了後は、鉄鋼メーカーに勤務。その後は人材派遣業界へと転職し、約20年間勤める。もともと興味があったモノづくりを、自分で開発、製造販売まで一貫して携わりたいという思いが強くなり、2019年に独立。アルバムスタンドをはじめ節約型ティッシュケースなどオリジナル商品を製作・販売する「DELFINO」を設立した。

DELFINO
住所 〒351-0035
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘4-11-4
URL https://www.rakuten.co.jp/delfino506/

名高 「DELFINO」さんでは新しいタイプの生活雑貨をつくっていらっしゃるとうかがっています。佐々木代表はもともとモノづくりの業界にお勤めだったんですか?

佐々木 いえ、以前は全く違う業界にいました。ただ、日曜大工をはじめ、モノづくりは好きでしたし得意だったので、いつかは仕事にしたいと思っていました。そして2019年に、約20年間勤務した人材会社を退職し、独立をしました。

名高 商品についても教えてください。

佐々木 例えば、アルバムスタンドといってお気に入りのアルバムのページを開いたまま飾ることができるスタンドなどです。ぜひ、実物をご覧になってみてください。

名高 なるほど。透明なので、どんなインテリアとも馴染みそうですし、何個飾っても良さそうです。

佐々木 ありがとうございます!よかったら差し上げますので、名高さんもぜひ使ってみてください。

名高 とても嬉しいです。アルバムから写真を出し入れする手間もかからないですし、ページをめくることによって日替わりでお気に入りの写真を変えることも簡単にできそうですね。アルバムスタンドの他には、どのような商品をつくっているのですか?

佐々木 他にも節約型ティッシュケースなどがあります。ティッシュペーパーの取り出し口部分にモチーフをつけました。このモチーフは飾りではなく、ティッシュペーパーをひっかけてちぎれるようにするカッターなんですよ。そうすることで、ティッシュペーパーを半分にちぎることができますので、節約になります。 また安全面でも配慮をしております。このモチーフは、下からマグネットで接触させているので、上から力が加わると下に落ちるようになっています。

名高 とても画期的な商品ですね!

佐々木 このティッシュケースは、ティッシュペーパーを使っているときに思い浮かんだんですよ。こんなものがあったらいいのに、と私が思うものを形にしています。

名高 ご自身の日常生活からアイデアが生まれているんですね。

佐々木 ええ。アイデアを形にするこの仕事に、とてもやりがいを感じています。けれどもモノづくりを仕事にするには、以前の趣味と違って製造に要する限られた時間や安定した品質の確保など、適正な標準化が求められます。ここが趣味とはまったく違う部分ですね。今後はさらに効率を追求していきたいと思います。

GUEST COMMENT

名高 達男

まさに「お仕事を楽しんでいる」という表現が、ぴったりな佐々木代表。開発された商品をいろいろと見せていただきました。どれも本当にクオリティが高く、贈り物としても喜ばれそうです。ぜひ今後も、多くの方に愛される商品をつくり続けてくださいね。


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 名高達男 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則