• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • モンスターハウス 株式会社 代表取締役 / 宅地建物取引士 高橋 雄太

インタビュー

不動産

高い提案力で顧客に寄り添う

吉井 では、事業内容についても、ぜひ詳しく教えていただけますでしょうか?

高橋 当社では現在、収益不動産の売買仲介事業をメインに不動産買取再販事業を手がけており、数十億円規模のビルから、一千万円ほどのリーズナブルな建物まで、多種多様な物件を幅広く取りそろえております。また、前職時代からの横のつながりを生かして、物件のオーナー様、同業他社様とも密な関係性を築けているため、ほとんどが総合サイトや業界専用サイト(レインズ)で検索しても出てこない未公開物件であるというのも、当社ならではの強みですね。

吉井 それはすごい!こちらでしか紹介していただけない物件が数多くあるというのはそれだけで大きな武器になると思いますし、実際に投資家の方たちからの引き合いも多いのではないですか?

高橋 そうですね。私はお客様に対して積極的に営業を行うことが好きではありません。ですから、まずはメールなどで情報をご案内させていただき、興味を持って返信してくださった方と詳細なやり取りをさせていただく方針を取っているんですよ。ありがたいことに、現在多くのお客様からお問合せをいただいております。縁あって出会うことができたからこそ、私は一人ひとりのお客様を心から大切にしたいと考えていますし、できる限りのご提案をしたいと思っているんです。

吉井 不動産業界には物件を売ることだけを重視して、あまり買い手側のことを考えていないと感じる業者さんも多いと思います。ですから、社長のような信頼できる方の存在は心強いです。

高橋 そう言っていただけると嬉しいですね。どんな物件にも必ず良し悪しはありますし、無条件に勧められることはありません。そのため、目の前のお客様がどのような物件を求めていらっしゃるのかをしっかりと把握し、寄り添いながら「こういうリフォームをすればより高く売れますよ」といった具体的なアドバイスまでして差し上げることが重要だと思っています。そうして誠心誠意の対応を続けていくことが、不動産業界全体のイメージ向上にもつながるはずです。

労働環境を整えさらに飛躍

吉井 この先ますます成長していかれることと思います。会社としての今後のビジョンについてはいかがですか?

高橋 さらに事業を拡大していくためにも、人材雇用に力を入れていきたいと考えています。不動産業界は、長時間労働というイメージを持たれている方も多いと思うので、当社ではフリーエージェント制を導入して、出勤義務も時間拘束もない環境で働ける体制を整え、働き方改革を進めていくつもりです。

吉井 社長なら、必ずや業界をより良い方向へけん引してくださると思います。最後に、この先出会われるお客様へ向けてメッセージをお願いします。

高橋 お客様とは長いお付き合いをさせていただきたいと考えております。不動産のことで何かお悩みの方は、ぜひ一度当社までお気軽にご連絡ください。

GUEST COMMENT

吉井怜

「築年数が古い物件でも、しっかりリノベーションをすれば買い手は付いてくれますから、空き家問題などにも積極的にコミットしたいです」と語っていらっしゃった高橋社長。業界全体を見渡す広い視野をお持ちで、行動の一つひとつに明確な指針があることが伝わってきて頼もしく感じました。これからも着実に仲間を増やされ、飛躍し続けてください。

1 2


amazonからのご注文
2020年10月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広 水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則