• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • モンスターハウス 株式会社 代表取締役 / 宅地建物取引士 高橋 雄太

インタビュー

不動産

モンスターハウス 株式会社

学業修了後は美容師になるも、より安定した職に就きたいという気持ちが芽生え、23歳で不動産業界へ転身。複数の会社にわたり、賃貸や売買、管理など不動産に関わるあらゆる業務のノウハウを学んだ。その中で、構築した幅広い人脈を駆使し、自らの理想とするサービスを実現すべく、2020年にモンスターハウス(株)を立ち上げた。

モンスターハウス 株式会社
住所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1
ニューステイトメナー10F 1002
URL https://monster-house.co.jp/

若くして不動産業界へ入った高橋氏が、身に付けたノウハウをフルに発揮すべく立ち上げたのが、モンスターハウス(株)。未公開物件の売買仲介という独自の武器を生かし、業界全体のイメージ向上も図る同氏のビジョンについて、女優の吉井怜さんが話をうかがった。


築き上げた人脈を後押しに独立

吉井 こちらは2020年に立ち上げられたばかりの会社だとうかがっています。まずは、高橋社長が独立されるまでの経緯からお聞かせください。

高橋 私はもともと美容師として仕事をしていました。しかし、決して高くない給与で何とか生活しながら、自費でウィッグを購入したり、講習を受けたりしているうちに困窮してしまいましてね。何とかしたいという一心で、23歳で門をたたいたのが不動産業界でした。

吉井 まったく畑違いの分野で再スタートをなさって、ご苦労もあったのでは?

高橋 仕事は一から覚える必要があったので、その点は苦労しましたね。しかし、努力をすればその分だけ報酬として返ってくる環境が肌に合っていたのか、モチベーションを高く維持したまま働くことができました。そして、複数社で賃貸、売買、管理と不動産に関わる業務のノウハウを一つずつ学んでいったんです。

吉井 その頃にはもう、独立することも視野に入れていらっしゃったのですか?

高橋 はい。仕事をする中で業界のスキームが見えるようになりましたし、複数の会社に在籍したことで良いやり方、悪いやり方の客観的な評価もできていたので、それぞれの良い部分だけを吸収して起業しようと考えていました。また、さまざまな業務を通じて築いてきた人脈も、必ず自分の武器になると確信していたんです。そして、宅地建物取引士の資格試験に合格したタイミングで、満を持して当社を設立しました。

吉井 「モンスターハウス」という屋号はとてもユニークで、どこかかわいらしさもあって素敵だと思います。こちらはどういった由来があるのでしょうか?

高橋 もとは私が大好きだったゲームに出てくる場所から取った名前なんですよ。さらに、「MON(私の)」「STER(輝く)」「HOUSE(お家)」という意味を合わせた掛詞でもあり、人生で最も大きなお買いものである不動産で、お客様のお役に立ちたいという私の思いが込められているんです。ロゴやホームページも自作しました。強い思い入れがあるからこそ、これから一歩ずつ着実に成長させていきたいですね。

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 名高達男 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則