インタビュー

建築

あらゆる現場で希望をかなえる

畑山 では、具体的にはどのような現場に対応していらっしゃるのでしょうか?

船越 当社では、内装リフォーム工事を中心に、外壁塗装工事や屋根工事を手がけています。その他、エクステリア工事、バリアフリー工事など住宅回りのあらゆる現場に対応しているんです。私自身がこれまで培ってきた知識と技術を駆使し、できる限りお客様のご要望に応えられるよう日々務めています。

畑山 それは頼もしい。住まいのことでなにか困ったことがあれば、どんな内容でも相談させていただけるということですね。

船越 はい。ときには窓ガラスの交換や壁紙の補修など、部分的な工事のご依頼をいただくこともあります。小規模な現場であっても手を抜くようなことは決していたしません。そして、困っている方がいらっしゃればすぐに駆けつけますので、遠慮なくご相談いただきたいと思っています。

畑山 迅速に対応してくださる会社が近隣にあると、住民の方々は心強いと思いますし、ますます良い評判が広がっていきそうですね。

船越 そう言っていただけると嬉しいです。実際に、先代が社長を務めていた頃からお付き合いのあるお客様からは引き続きご依頼をいただいています。新規のお客様も確実に増えてきており、たくさんの方に評価していただけているという手応えを感じているんです。そこで、2020年からはさらにスタッフを増やして、今よりも多くの現場に出られるようにするための体制を整え始めています。

全分野を極めてさらに飛躍を

畑山 お話をうかがっていると、社長が一生懸命このお仕事に取り組んでいらっしゃる様子が私に伝わってきました。日々努力し続けられる原動力は、どこにあると感じていらっしゃいますか?

船越 同年代の職人や経営者の方々には負けたくないという強い気持ちが、自分の中にあるんだと思います。職人として歩み始めたときから、その負けん気を力にして技術を磨いてきたので、これからも、この気持ちはずっと忘れずにいたいです。

畑山 そんな強い気持ちをお持ちの社長なら、この先も間違いなく会社を成長させていくことでしょう。今後についてはどのようにお考えですか?

船越 事業の内容は大きく変えるつもりはありません。これからも建設工事業で会社を繁栄させていきたいと考えています。それぞれの分野について、まだ学ぶことはあると考えているので、すべての分野でクオリティの高い施工ができるよう技術を磨き続けていきたいです。一方で、スタッフたちからは「社長が現場に出なくても現場を動かせるようにしていきたい」という声も上がっています。そこで、ある程度は彼らに任せても問題がないようにするために人材育成にも力を入れていきます。

畑山 では最後に、これから先に出会うお客様へメッセージをお願いします。

船越 皆様のお役に立てるよう、地域密着型で事業を展開していきます。「住宅を改装したい」「水回りの使い勝手をもっと良くしたい」などのご要望があれば、ぜひ当社にご相談いただければ幸いです。

GUEST COMMENT

畑山 隆則

社名の「ソーカ」は、船越社長と社長のお姉様の名前を1文字ずつ取って、先代であるお父様が付けられたのだとか。社長は「生前、父とは喧嘩ばかりしていた」と笑っていらっしゃったものの、社名のエピソードからは親子の愛情や絆を感じ取ることができました。これからも先代の思いが込められた看板を守りながら、活躍し続けてください。

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 名高達男 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則