インタビュー

美容・健康

パーソナルトレーニングSSSN

高校卒業後はスタントマンとして活動。その後は大学進学を経て会社員として商社に勤務した。自身の減量体験を機に、大手トレーニングジムに転職してトレーナーに転身。指導のノウハウを積んで独立し、「パーソナルトレーニングSSSN」を立ち上げた。

パーソナルトレーニングSSSN
住所 〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-9-19
フレッグ広尾フューズ201
URL https://sssn.work/

石黒 長澤代表はスタントマンのご経験があるそうですね。

長澤 はい。高校卒業後に活動していました。でも、2年足らずで辞めてしまったのです。その後は大学に入り、商社に入社して会社員をしていました。その傍ら、減量目的で筋力トレーニングを始め、その後も趣味で続けていたんです。その当時は先の進路を考えていて、スタントをすぐに辞めたこともずっと心残りになっていました。それで、もう一度自分の得意なことを専門的にやろうと思い、大手ジムに就職したんです。

石黒 独立したのはなぜなんですか?

長澤 そちらのジムの会員さんたちは、一度は減量に成功したものの、またリバウンドしてしまう方が非常に多かったんですね。それが悲しくて、減量成功後もしっかりフォローしてあげられるようなサポートをしたいという思いが募り、独立をしました。

石黒 リバウンドしないためには、継続が大事なのでしょうね。

長澤 そうです。ですから、きつ過ぎるメニューで実施するのはよくないと思います。トレーニングというとストイックなイメージを持つ方が多いかもしれません。でもそれは、アスリートが行うものであって、一般の方であれば、緩すぎずキツすぎない程度のトレーニングを継続すればいいんですよ。

石黒 この広尾エリアでジムを開いたのには、どんな意図があったんですか?

長澤 大手ジム時代のお客様の中に、私が独立するならジムを移ると言ってくださる方々がいましてね。その方たちが通いやすい場所が広尾だったんですよ。そのお客様たちのことは本当に大事に思っていまして、独立当初はその方々に尽くすべく、一生懸命頑張りました。その結果、ありがたいことに皆さんの紹介で新規の方々が増えていったんです。

石黒 目の前のお客様のために頑張ったことが、結果として新規を増やすことにつながったと。ジムを運営するうえでのこだわりがあれば知りたいです。

長澤 女性のお客様の意見を取り入れて「手ぶらで来れる」という点を意識し、トレーニングウェアやタオルを貸し出しています。また、乳液や化粧水などのアメニティを導入し、特に女性のお客様に対し、ふらっと立ち寄ってトレーニングができる気軽さを売りにしているんです。他にも、ジム内は常に清潔にしておくことや、お客様とは適度な距離感を保つことも大切にしています。

石黒 配慮が行き届いてますね。きっと女性のお客様も多いことでしょう。

長澤 そうなんです。この仕事は、お客様の人生の一部に携わらせていただく重大なもの。そこに責任感をもって取り組んでいくとともに、今後はボディメイクだけでなく、スポーツの種目に対応した筋力トレーニングも提供していきたいですね。

GUEST COMMENT

石黒 彩

ウェディングドレスを美しく着たいという方のダイエットをサポートした結果、その方がスリムになり、式の前に一緒に泣いたというお話が、長澤代表のお客様への思いを表していると思いました。トレーニングの継続が難しい、方法がわからない方には、心強い存在です!ぜひ足を運んでみてください。


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則