インタビュー

サービス

西岡 すべてお一人で考え、形にしていくというのは並大抵の苦労では達成できないと思います。代表は、なぜそこまで頑張れるのですか?

高祖 お客様からの、「ありがとう」「あなたがいて良かった」という感謝の言葉を聞きたいという一心ですね。そして、最初から最後までお客様には笑顔でいてもらいたい。そんなシンプルな思いが、自分が働くうえでの原動力になっているんです。

西岡 こうしてお話をうかがっていると、代表からは誠実さや粘り強さを感じますね。

高祖 そうおっしゃっていただけると嬉しいです。実際、お客様が望むものならどんなことでも「できない」とは言わず、まず挑戦してみることを大切にしています。そして、より良いものを提供できるようにひたすら努力するんです。そうした諦めない気持ちは、自分の強みと言えるかもしれませんね。

夢を持つ人が働く、世界規模の会社へ

西岡 最後に、今後のビジョンについてお聞かせください。

高祖 現在は合同会社ですので、数年のうちに株式会社へ組織変更することを志しています。また、いずれはグループ会社もどんどん増やしていくつもりです。

西岡 そのためには、一緒に働く人材も重要になってくるかと思います。

高祖 おっしゃるとおりです。私が考えているのは、ホームレスの方々に就労の機会を提供すること。ホームレスの方々の中には、かつて社長など企業の重役に就かれていた方も多いと聞きます。そうした方々が、表面的な見方しかされずに、働く環境を奪われてしまうのは非常にもったいないですよね。そこで私は、一緒に働く場を提供し、個性や実力を引き出してさしあげることができればと思っています。

西岡 代表は、社会貢献への思いを強くお持ちでいらっしゃるのですね。

高祖 ええ。当社の活動が、多種多様な人が働ける社会を築いていく一助となれば幸いです。また、最終的な目標は世界規模の企業にまで成長させることですね。そうして、夢を持つすべての方々が、世界で活躍できる人材へと育ち、新しい挑戦のために巣立っていく──。そんな“巣箱”のような会社となることを目指しています。

GUEST COMMENT

西岡 利晃

私は現役時代、「数年後の自分が見たらどう思うか?」と考えながら、絶対に諦めない思いで試合に挑んでいて、高祖代表からも同じような粘り強さを感じました。「お客様の期待に応えたい」という真摯な思いをお持ちの代表。お客様にもその誠実さがきっと伝わると思いますから、これからも変わらず努力を続けていただきたいですね。夢が大きく実ることを祈っています!

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 名高達男 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則