インタビュー

スペシャリスト

若さを武器に電子化にも対応

宍戸 現在は、具体的にどのような依頼を受けていらっしゃるのですか?

日野 当事務所では、記帳代行や会計監査といった会計業務コンサルティング、助成金・補助金の申請や経営計画策定支援などの財務コンサルティング、決算申告や節税といった税務コンサルティングなど、企業経営を多角的にサポートするサービスを展開しています。60代以上が多い税理士業界の中で、30代の若手であることを生かし、お客様一人ひとりと親身に向き合うフットワークの軽さはもちろん、SNS上でのご相談やクラウド会計ソフトにも対応しているところが、大きな強みです。

宍戸 それは頼もしい。若手起業家の方などは、年配の税理士の方にいろいろと指導されることに抵抗がある方もいるでしょう。同年代で同じ目線からサポートしてくださる所長のような方の存在は、きっと心強いと思います。

日野 そう言っていただけると嬉しいですね。実際、お客様は若い会社の経営者様であることが多く、中にはYouTuberなど、最近勢いを増している業界で活躍されている方もいらっしゃいます。そうした方々のお力になれるよう、私は常に最新の税知識を身に付け、お客様に寄り添いながらお話を聞く姿勢を大切にしています。要所では、こちらから最適なご提案ができるよう心がけているんです。

宍戸 素晴しいご姿勢だと思います。それだけ経営者の方と強固な信頼関係を築いていらっしゃると、新しいお客様を紹介されることも多いのでは?

日野 宍戸さんのおっしゃるとおりです。嬉しいことに、現在は新規のお客様の9割が、既存のお客様からのご紹介になっています。通常、初めてお客様とお会いするときには、心を開いてお話ししていただくためにも一から信頼を築く必要がありますよね。しかし、ご紹介のお客様はあらかじめ私のことを良く知ってくださっています。そのため、スムーズに話を進めることができますし、本当にありがたい限りです。

被災地の復興支援にも尽力

宍戸 ところで所長は、東日本大震災の復興支援にも尽力されているとか。

日野 はい。私自身が宮城県石巻市出身ということもあって、震災直後には泥かきなどのボランティア活動にも積極的に参加し、今でも月に1度は被災地を訪れていますよ。その中で、地元のNPO法人や一般社団法人、公益法人の方ともお付き合いがありまして。少しでもお力になりたいという思いで、税理士としてのサービスも提供しているんです。

宍戸 積極的に復興支援に取り組んでいらっしゃるお姿には、感銘を受けました。人情味が溢れる所長のもとには、多くの依頼が舞い込んできそうです。

日野 今、事務所の席にまだ余裕がある状態なので、これからもどんどん人員を増やして、お客様のためにフル回転できる体制を整えていきたいです。また、ゆくゆくは地元にも事務所を開設して、2拠点体制で動いていくことも検討しています。規模を拡大しながらも、社員一人ひとりの負担を軽減して、皆に利益を還元できるよう、組織の基盤をしっかり固めていくつもりです。

宍戸 最後に、この先に出会われるお客様へメッセージをお願いします。

日野 税金は、知らなければただ制度に従うしかありません。ですが、知識さえあれば、さまざまな対策を講じられるものです。そのためのお力添えになれればと思いますので、少しでもお悩みの際には、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

GUEST COMMENT

宍戸 開

「税理士になって本当に良かった」と笑顔で語ってくださった日野所長。お話の端々から、お仕事を楽しみながらも真摯に向き合っていらっしゃる様子が伝わってきて、自分の税金回りもこういう方にお願いしたいという気持ちになりました。生き生きとした所長の姿を見て元気をもらう経営者の方は多いと思います。ぜひ今後も、多くの起業家を導いていってください。

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則