インタビュー

IT

株式会社 BOALINE

IT企業に就職し、副業で物販ビジネスと出合う。半年で成果を上げ、2017年に(株)BOALINEを設立。現在は自ら開発したシステムを駆使してAmazonで物販をするほか、セミナーや動画で大勢の生徒を指導することで幸せの輪を広げている。

株式会社 BOALINE
住所 〒141-0001
東京都品川区北品川5-9-42 805
URL https://yuukiiida.com/

内山 飯田社長が、ネットビジネスで成功するまでの歩みをお聞かせください。

飯田 私は大学卒業後、IT企業に就職しました。やがて、自分の将来に焦りを感じるようになりまして。さまざまな副業を始めたものの、怪しげな投資で数百万円も失ってしまうなど、何一つうまくいきませんでした。そんなときにインターネットの物販ビジネスに出合い、わずか半年で会社員としての給料を上回る収入を得られたんです。そこで、2017年に独立して当社を設立しました。

内山 それはすごい。現在の、具体的な事業内容はどのようなものなのですか?

飯田 当社は独自開発のシステムを使って、Amazonで物販ビジネスを展開しています。成功のポイントは2点。自社システムを使い、特定の仕入れ先から、Amazonで最安値で販売しても大きな利益を取れる商品を自動発掘できる仕組みを構築することができました。通常物販では「売れる商品を探すこと」にかなりの時間を要します。ですが、このシステムを使うことで、びっくりするほど短時間で大きな利益を出せるんです。
 2つ目は、売れてから仕入れる、在庫を持たないビジネスであること。副業でそこまで時間や資金を投入するのは難しいですよね。なので、在庫を持たないリスクゼロの物販ビジネスをシステム化することで、初心者でも低コストでこのビジネスに取り組むことができます。今は、このノウハウを多くの方へ伝えたく、スクールを設立して指導しています。

内山 パソコンさえあればできる物販ビジネスは、副業にぴったりでしょうね。

飯田 おっしゃるとおりです。忙しいの に給与面で見返りが少ないことに悶々とするサラリーマンの方が多いです。私もつい最近までその一人でした。ですから、そういった方の気持ちになって指導できるのが、強みでもあると思っています。

内山 社長が開発したシステムの特長を、もう少し教えていただけますか?

飯田 当社のシステムは、世界中のフリマとAmazonで同じ商品の価格を比較し、Amazonで販売して利益が得られる商品を自動的に検出するんですよ。100種類のアイテムを出品するのに、手作業なら通常2~3時間かかるところ、このシステムならたった5分で済みます。

内山 それはすごい。では、社長はどういったときにやりがいを感じますか?

飯田 世の中は何をするにもお金が必要です。大きな収入を得ることで、本人はもちろんのこと周囲の人を助けることができます。そして社会を活性化することも。スクールで指導した教え子たちが、実際に収入を増やして笑顔になっているのを見て、本当にこの事業を立ち上げて良かったなと思っています。今後は、次世代の指導者を育成したいですね。そして、会社に依存せずに「個で稼ぐ力」を身に付けてもらい、多くの人を幸せにしていきたいです。

GUEST COMMENT

内山 高志

普通に仕事をしていても何が起こるかわからない時代には、自らの力でより良い環境をつくることが求められます。物販で成功した飯田社長は「人のために」を旗印に掲げ、そのノウハウを出し惜しみせずに公開なさっている方。これからも、チャレンジする人たちを応援してあげてください!


amazonからのご注文
2020年3月号
COMPANYTANK 2020年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元バレーボール女子日本代表選手の大山加奈さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則