インタビュー

サービス

完璧な仕事とトラブル案件対応を強みに

鶴久 現在は、倉庫内での業務がメインでしたよね。

伊藤 はい。大手物流企業様から業務委託で仕事をいただいております。商品の検品、梱包、出荷から在庫管理、棚卸まで倉庫業に関する一通りの業務を手がけているんです。

鶴久 社長はこのお仕事のどんなところに魅力を感じているのでしょうか?

伊藤 この仕事は、お客様のご要望に対してパーフェクトな対応をすることが当たり前。ほんの少しでもお客様のご要望を汲み取ることができていないと、お叱りを受ける仕事なんです。そこが、私はおもしろいと感じていますね。正直なところ、仕事内容はさほど難しいものではありません。それでも、やり方が違ったり、手順を省いてしまったりするとミスにつながり、パーフェクトなサービスの提供はできない。ですから私は、従業員たちの仕事のやり方を統一し、作業工程を一から十まで示し、それが守られているかをしっかり確認します。それでもミスが生じてしまったら、作業工程を見直し、再び現場に落とし込むということを繰り返しているんです。そんなストイックな面に、この仕事の醍醐味があると感じていますね。

鶴久 社長がお仕事に誇りを持って励んでいらっしゃる様子が伝わってきます。

伊藤 また、ときにはトラブル案件を依頼されることもありまして。お客様がお困りの際に私たちを頼ってくださることはとても嬉しいことです。それが無事に解決できれば、お客様からの信頼、ひいては新しいご依頼につながることもあります。私は営業職時代から、常に最悪のパターンを想定して動くよう教えられてきました。その経験もあり、トラブルシューティングは私が得意とする仕事で、当社の強みだと自負しているんです。

鶴久 私も難しい仕事が回ってくると一層やる気が出るタイプなので、社長のお考えには共感します!また、その社長の思いをしっかり形にできる従業員の方々がそろっているのも素晴らしいですね。

伊藤 実は、当社の従業員の中には、前職やその前から一緒に働いていて、自分が転職や起業をしてもずっとついてきてくれているメンバーもいるんです。彼らは自分にとってなくてはならない存在ですし、「みんなに来年はもっと良い給料をあげたい」といった思いが、私の経営のモチベーションになっています。

従業員の声を形にする事業展開

鶴久 今後は新しい仲間も増やしていくご予定ですか?

伊藤 ええ。当社に関心を持ってくださった方なら、国籍や老若男女は問わず大歓迎です。既存の従業員と、これから出会う新しい仲間たちがしっかり食べていける会社であり続けたいですね。また、現在メインである物流事業の他、庭の剪定やペット火葬サービス、アパレルの通信販売も展開しています。実は、こうした事業は従業員たちの声から生まれたもの。今後も従業員たちの意見にしっかり耳を傾けつつ、会社の事業の幅を柔軟に広げていけたらと考えています。

鶴久 そんなふうに皆さんの意欲で会社が成長していくなんて、これからの展開が本当に楽しみです!

伊藤 ありがとうございます。私は、20代のときには明るい将来が見えず、悶々とした日々を過ごしてきました。しかし、良い環境や人との出会いもあり、30代に入って少しは出遅れた分を取り戻してこられたかな、と感じています。そう考えると、これからの40代が本当のスタート地点。地道に、歩みを進めていきます。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

少しのミスも起きないように、日々ストイックに仕事に励んでいらっしゃる伊藤社長。スポーツ選手で、ルーティンの練習や習慣を続けることで大活躍される方がいるのと同じように、社長も真にプロフェッショナルな方なのだとお見受けしました。これからも従業員の方々と一致団結して、パーフェクトな仕事を続けていってくださいね。私も陰ながら応援しています!

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則