• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 BELLO JUC越谷レイクタウン店 代表取締役 増田 圭

インタビュー

サービス

いろいろな働き方ができるスタイル

鶴久 お客様とのご縁で新たな事業を始めてみて、いかがでしたか?

増田 未経験からの参入だけに試行錯誤しながら歩みを進めてきました。当初は、配車の仕方もドライバーとの接し方もわからずトラブルの連続でしたね。人生であのときほど、人に頭を下げたことはないと思います。しかし、自分でも配達業務をしながら現場の声を聞き、業務を改善してきたんです。

鶴久 その努力が実ったんですね。それでは、(株)BELLOさんならではの強みを教えてください。

増田 運送業は車と人手の確保に苦労するものです。しかし、当社は中古車ショップも経営しているため、車両はすぐに、いくらでも用意できます。また人材については、当社では勤務時間を「午前中だけ」「夕方まで」など、多様な働き方を可能にしているんです。さらにドライバーがお子さんを乗せて配達に行くことを認めています。ですから、主婦や定年退職をした高齢の方、あるいはビジネスパーソンの副業など、さまざまな立場のドライバーがそれぞれのスタイルで働いています。求職のお問い合わせも驚くほどたくさんいただいているんですよ。

鶴久 素晴らしいと思います。社長はどうして、新しいことに挑戦し続けることができるのでしょうか?

増田 私には「立ち止まると現状維持か沈むだけ。だから攻め続ける」というポリシーがあるんですよ。だから、何かが停滞したときはむしろチャンスと考えています。

関東を制し日本の物流を支える!

鶴久 それにしても、社長はにこやかで明るい雰囲気をお持ちですね。とてもお話ししやすいです。

増田 その点については、自分でも自信があるんですよ。堅苦しい雰囲気を漂わせてしまうと相手も息苦しいでしょうから、常に自分らしく明るくお客様へ接するようにしています。それにつらいときこそ笑っていれば、失敗しても「増田くんだからいいよ」とおっしゃっていただけることも多くなる。それで私はずいぶん得をしていますね(笑)。

鶴久 普段からつらそうな顔をしている人に荷物を配達してもらうよりも、いつも笑顔を絶やさない人が来てくれるほうがいいですよね。社長になら、安心して配達をお願いできると思います。

増田 ありがとうございます。運送業界は人手不足で悩まされています。しかし、嬉しいことに当社は優秀なドライバーがそろっています。今後も年齢や性別に関係なく、頑張る人を採用し続けるので、何かに挑戦したい人は大歓迎です。給料も休みも他社より増やし、みんなで楽しく働けて、誰もが充実した人生を送れる会社にしたいですね。従業員一人ひとりが経営者感覚で仕事をしてくれる集団となれば、当社はどこにも負けない会社になれると思っています。

鶴久 事業としては、今後どのように拡大していく予定でしょうか?

増田 現在は、無理をせず自然な流れに沿って事業を拡充している真っ最中なんです。つい先日も、スタッフと「北関東に支店を出そう」と話し合ったところでして。まずは、関東を制して日本の物流を支えられるよう、まい進していきます。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

仕事中も常に笑顔を忘れないようにしている増田社長は、「荷物を配達しお客様を幸せにすることで、自分も幸せを感じている」と話してくださいました。(株)BELLOさんのように夢のある会社なら、スタッフの皆さんも頑張って働けるでしょうし、新たなチャレンジもできるでしょう。私も社長から、未来に向かって走り続ける元気をいただきました!

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則