インタビュー

サービス

合同会社 新井商事

自動車の塗装や整備を手がけていた父の影響で、幼少期から自動車に関心を持つ。学業修了後は自動車解体業の仕事に携わる。その後、家業に入り、21歳の若さで父から事業を継承。2019年7月には(同)新井商事を新たに立ち上げた。

合同会社 新井商事
住所 〒349-1155
埼玉県加須市砂原462-3
URL https://arai-shoji.com/

鶴久 こちらは2019年7月に立ち上げられたばかりの会社だそうですね。まずは新井代表が自動車の仕事を始められたきっかけから教えてください。

新井 私は、父が車関係の事業を手がけていたことから自然と自動車に興味を持つようになりました。そのため、学業を終えると知人の紹介で自動車解体の仕事を始めたんです。そこで経験を積み、程なくして家業に携わるようになりました。そして21歳のときに、父から事業を引き継ぎ、板金塗装や整備をメインに手がけてきたんです。しかし、新たに買い取り業にも力を入れようと考え、当社を立ち上げました。

鶴久 お若くして会社の看板を背負う立場となられ、当初は苦労されたこともあったのではないでしょうか?

新井 いえ、10代の頃からお付き合いさせていただいている企業様へ父と一緒にごあいさつにうかがったり、仕事の依頼をいただいたりして信頼関係を築けていたので、順調に歩みを進められました。

鶴久 人脈を大切にされてきたのですね。では、現在注力されているという買い取り事業についてお聞かせください。

新井 はい。当社では国産車・輸入車を問わず、さまざまな車を高価買取しております。過走行で他では査定の対象外となるような車や、自然災害によって冠水してしまった車でも、パーツ単位で使える部分があれば十分に価値があるため、積極的に買い取らせていただいているんです。

鶴久 それはすごい。その辺りは、やはり長年にわたって自動車の修理や整備に携わってこられた代表の豊富な知識とノウハウが生かされているのですね。

新井 そう言っていただけると嬉しいですね。もちろん、引き続き修理・整備事業も展開しており、トラックボディの製作・架装から、一般車の板金塗装、カスタムペイント、ガラスコーティングまで、幅広くカバーしていますよ。また最近は、オークション代行業も手がけ始め、お客様のご要望や予算に合わせてベストな自動車を仕入れさせていただいています。

鶴久 お話をうかがっていると、代表が楽しくお仕事をされている様子が伝わってきます。

新井 私は、良い仕事を手がけることで自動車の魅力を広く伝えていきたいという強い思いがあるんです。多くの方の自動車の面倒を末永く見させていただきたいと思っています。また、私が関わった自動車をお客様に大事に乗っていただけるのが、一番の喜びなんです。

鶴久 では最後に、会社の将来のビジョンについてもお聞かせいただけますか?

新井 まだまだスタートラインに立ったところなので、焦らず信頼を積み重ね、成長していきたいと思っています。そしてホームページやSNSも活用し、地方の方にも知っていただける企業に成長できるよう、まい進し続けていきたいです。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

車は「購入したらそれで終わり」ということはなく、その後も修理や点検などで業者さんとは長いお付き合いになることがほとんどです。その点、新井代表は技術はもちろん人との縁や信頼を何より大切にしていらっしゃるので安心してお任せできますし、ぜひこの先も業界を盛り上げ続けてほしいと思います。


amazonからのご注文
2020年3月号
COMPANYTANK 2020年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元バレーボール女子日本代表選手の大山加奈さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則