• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 一般社団法人 日本骨格調律師育成協会® 代表理事 坂野 展子

インタビュー

美容・健康

一般社団法人 日本骨格調律師育成協会®

大学時代、O脚を矯正するために受けたカイロプラクティックの施術で、長年悩まされていた頬のニキビが劇的に改善。骨の奥深さに魅力を感じたことから自らも治療家の道を志す。経験を積む中で、骨を微調整できる独自の技術を身に付け、「骨格調律師®」として活躍。現在は(一社)日本骨格調律師育成協会®の代表理事として、子育て中の女性をメインに育成と開業支援を手がけている。

一般社団法人 日本骨格調律師育成協会®
住所 〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎17-3
URL https://www.kokkakuchouritsu.com/
BLOG https://ameblo.jp/s-s-grace/

骨を正しい位置へ動かすことで、体の不調を改善する「骨格調律®」の独自メソッドを伝える(一社)日本骨格調律師育成協会®。代表理事の坂野氏は、子育てをしながら働く女性を支援すべく、自らの技術を惜しみなく提供している。その信念に、タレントの石黒彩さんが迫った。


骨の可能性に魅了されて

石黒 坂野代表は、治療家として14年以上にわたってご活躍されているそうですね。

坂野 はい。もともと私は大学生の頃、O脚を矯正しようと思い、電話帳に載っていたあらゆる治療院に連絡しました。その中で唯一、「1回で整いますよ」と言ってくださった院が、カイロプラクティックサロンだったんです。実際に施術を受けてみて、O脚が改善したことはもちろん、当時悩まされていた頬のニキビも翌日には劇的に改善していて、あまりの効果に衝撃を受けました。それで、そのサロンに弟子入りする形で、この道を歩み始めたんです。

石黒 なるほど。自らの体で施術効果の高さを実感したことから、その技術を学びたいという欲求が芽生えたと。

坂野 はい。骨の可能性に魅了された私は、技術の探究を続けました。すると、あるときに骨の位置をコトコトと微調整できるようになっていることに気が付いたんです。他の施術とはまったく違う新しい手法だと確信したことから「骨格調律®」と名付けました。

石黒 骨格調律®という言葉は初めて耳にします。優しい響きがありますね。

坂野 調律とは、もともとピアノなど楽器のずれた音を本来の音に戻していく作業のこと。骨格調律®もそれと同様に、ずれた骨を1つずつ本来の位置へ戻していくことで、お客様の体を元気にする技術なんです。現在は、全国各地からお客様が来院されるようになりました。

1 2


amazonからのご注文
2020年3月号
COMPANYTANK 2020年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元バレーボール女子日本代表選手の大山加奈さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則