インタビュー

スペシャリスト

既成概念に捉われない柔軟なスタイル

時東 現在は、どういった工事を手がけていらっしゃるのですか?

中村 主に一般住宅や店舗向けの外壁工事ですね。窯業系サイディングだけでなく、パワーボード、金属系サイディング、樹脂サイディング、シーリングに対応していることはもちろん、ご要望に応じて外断熱工事や、床テック、左官の施工も行っています。外壁リフォーム・外壁リノベーション、内外装の空間演出も得意としていますよ。既成概念に捉われない柔軟なスタイルが当社の特長です。

時東 住宅や店舗回りのことを幅広くカバーしていらっしゃるのですね。何でも相談できそうな頼もしさを感じます。

中村 そう言っていただけると嬉しいです。新築の場合、外壁工事は工務店やハウスメーカーからご依頼いただくため、その際は、工務店の「色」をしっかりと理解したうえで、「一緒にいいものをつくるぞ!」という気持ちで、適切な施工を心がけています。一方、外壁リフォームの場合はお客様の直接の窓口になってコミュニケーションを取らせていただくため、細部までご要望を反映することが可能です。「適切な施工+遊び心」を織り交ぜた個性的なリフォームも実現できます。そして、引き渡しに際しては、高い“満足度”を実現しつつ、それを見たお客様が「ここにこれを加えたい、こうすればもっと良くなるかも」と想像力をかきたてられるような仕上がりにできるよう心がけています。内外装もデザインも、進化し続けられるという意味では、「完成」は存在しないと思うんです。

時東 素敵なお考えだと思います。そんな代表がお仕事をなさる中で、日頃から心がけていることはなんでしょうか?

中村 仕事のために趣味にも夢中になること。というのも職人である以上、仕事に本気で取り組むのは当たり前のこと。私は本気で遊ぶ経験こそが、仕事での一瞬の閃きや視野の広さにつながると思っています。ゆるくやっているように見せつつも、仕事ぶりでしっかりとお客様の信頼を獲得する──、そういう気概でいつも仕事に臨んでいますよ。

時東 精力的に活動を続ける代表を支える原動力が気になります。

中村 やはり、自分たちが手がけたものが形として残ることが大きいですね。何気なく街を歩いているだけで、「ここの外装は自分がやったんだ」と思い出せます。やりがいは毎日感じていますよ。

時東 遊び心を忘れることなく、むしろその感性をお仕事に還元しているのは、代表だからできること。まさに唯一無二の職人さんと言えます。

中村 個人的には、お客様に堅い業者だと思ってほしくないんです。何かお家やお店のことでやりたいことができたとき、気軽に声をかけられる存在でありたいと考えています。また、業界内でも「CRAFT.に任せればまちがいない」と多くの方に知ってもらえたら嬉しいです。そのために今後も、誰よりも真面目な姿勢で仕事に取り組んでいきたいですね。その一方でSNSを活用し、仕事だけでない「遊び」の一面を伝播させ、より興味を持ってもらえれば幸いです。

中村代表の遊び心が詰まった
お洒落な事務所兼ガレージ


Instagramもチェック
URL https://www.instagram.com/craft.52/

GUEST COMMENT

時東 ぁみ

対談中に何度も「楽しい」という言葉を口にされていた中村代表。それが偽りでないことは、目を輝かせながらお仕事について話される表情を見ればすぐわかりますし、そんな代表の生き様に憧れを感じました。代表の姿を見て、建築業界に前向きな気持ちを抱く若者はたくさんいると思いますから、ぜひこれからも業界の先頭に立って、活躍し続けてくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則