インタビュー

スペシャリスト

正しい知識で最適な資産運用を

名高 ローンの総額が決まっている以上、返済プランはあまり見直す点がないと思っていました。具体的にはどのようなご提案をしていらっしゃるのですか?

松本 ローンの総額は変わらなくても、金利を下げることができれば月々の返済額は減らせるんです。一昔前までの金利は2~3%でした。しかし今では1%を切るほど下がっているので、きちんと見直さないと本当にもったいないと思います。また、月々の返済額や返済期間に関してもアドバイスをしているんです。例えば、70歳までのローンを組んでいることで不安を感じていらっしゃるお客様には、今までよりも毎月1万円ほど、どこかで削減することができれば、その1万円を住宅ローンに充てられます。それにより、65歳までに完済できるプランを提案するなど、お客様一人ひとりの将来まで見据えてアドバイスすることを大切にしているのです。

名高 一般の方も社長のようなプロの方に話を聞いてもらえれば安心でしょう。

松本 私としても本当のお金の使い方をお伝えできる点が、当社の強みだと考えています。当社のサービスを通じて、お客様が今まで知らなかったことを知った際にとても喜んでくださると、私も本当に嬉しいんです。

地域密着の姿勢でさらに飛躍

名高 逆境はチャンスという言葉があります。社長はまさにその言葉を体現するような人生を歩まれていて、感銘を受けました。

松本 そう言っていただけると嬉しいですね。現在は住宅ローンのコンサルティング事業・ファイナンシャルプランニング事業・生命保険、損害保険事業を手がけながら、お客様が幸せな人生を安心して歩んでいけるよう支えています。老後について考え始める50~60代の方だけでなくその世代から教育を受けている若い方たちも資産運用の意識を持っている方は増えてきました。そのため私が果たすべき役目は多いと感じているんです。

名高 最近また、某生命保険会社の販売実績で1位になったそうですね。おめでとうございます。

松本 ありがとうございます。今後はより事業の幅を広げていきたいんです。しかし、かつて失敗した経験を踏まえて、会社の規模は大きくしすぎずに少数精鋭の体制を整えていこうと思います。対応する範囲も、東京都、群馬県、栃木県、埼玉県に絞り、地域密着型でお客様の信頼を得たいですね。

名高 御社のこれからが楽しみです。

松本 住宅購入は人生のゴールと思う方も多いですよね。しかし、マイホームを手に入れたという満足感が落ち着いてくると、ローンに対しての不安を抱く方もたくさんいると思うんです。だからこそ、前職で培った不動産スキル、そして保険やお金に関する知識を生かして、お客様が喜ぶサービスをこれからも提供し続けていきたいですね。一人でも多くの方にとっての「すまいと家計の相談窓口」となれるよう、まい進し続けていきます。保険や住宅ローンのことでお悩みの方はぜひ、一度ご相談いただければ幸いです。

GUEST COMMENT

名高 達男

私自身、俳優として酸いも甘いも噛みわけ、どん底から這い上がった経験もあるので、松本社長のお話には心から感銘を受けました。自分の置かれている状況に、常に冷静に向き合いながら歩みを進める社長は、「今が一番幸せ」と笑顔で語っていらっしゃいました。社長が今後どこまで飛躍されるのか、楽しみでなりません。

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則