インタビュー

サービス

ファスタキュレー 合同会社

数字に強い能力を生かし、10年にわたって節税コンサルタントとして活躍する。多くの経営者と接する中で経営に興味を持つようになり、未経験ながら運送会社の起業を決意。2019年7月にファスタキュレー(同)を創業した。自身も育児中であり、キッズスペースを用意しドライバーの子どもを預かるなど、充実した福利厚生や選べる業務内容で注目を浴びている。

ファスタキュレー 合同会社
住所 〒343-0115
埼玉県北葛飾郡松伏町上赤岩804-4
URL https://fastercurately.co.jp/

節税コンサルタントから運送会社の経営者へ、異色の転身を果たしたファスタキュレー(同)の堀川代表。代表が取り組んでいるのは、女性が働きやすい職場をつくり上げることだ。その飽くなき情熱に接し、タレントの矢部みほさんも「代表のパワフルな姿に勇気づけられます」と、笑顔を見せた。


軽貨物運送とトラック輸送を選べる

矢部 まずはじめに、堀川代表の歩みからお聞かせください。

堀川 もともと私は、電卓を叩いて計算することが大好きな性格でした。そこで節税コンサルタントになり、10年以上にわたって法人や個人のお客様にアドバイスを差し上げてきたんです。やがて数多くの会社とお付き合いさせていただくうちに、自分でも会社を経営してみたいと思うようになりました。

矢部 なるほど。さまざまな事業がある中で、運送業を選ばれた理由とは?

堀川 あるとき、趣味のゴルフで知り合った社長さんに相談したところ「運送業なら、ドライバーを確保できれば仕事になる」と教えていただいたんです。確かに、物流業は荷物は増え続けているのに業界は人手不足のまま。そこで、この業界での挑戦を決断しました。

矢部 そうだったんですか。ファスタキュレー(同)さんでは、どのような荷物を運んでいらっしゃるのでしょう。

堀川 現在はウォーターサーバー用の水、大手EC通販サイト商品、お菓子などが中心ですね。当社は軽貨物自動車による配達のほか、将来的には4tトラックも取り扱っていく方針で、何でも運ぶのがポリシーです(笑)。現状、軽貨物は人気が高く乗りたがるドライバーが多いものの、1日に運べる数に限界があるため、給与もそこまで期待が持てません。ですから、「もっと稼ぎたい」というドライバーは4tトラックの業務を担当し、私のように体の小さい方や子育て中の女性は軽貨物を選ぶなど、希望に応じて働き方を変えられる点が、当社の最大の強みと言えるでしょう。

福利厚生としてキッズスペースを用意

矢部 それは、ドライバーさんにとってありがたいことですよね!「こちらで働きたい」という問い合わせも、多いのではないでしょうか?

堀川 そうなんです。特に女性ドライバーさんからのお問い合わせが殺到しているところなんですよ。というのも、当社の事務所は私の自宅リビングをキッズスペースに活用しているので、ドライバーのママやパパが配達に出ている間は、お子さんを安全にお預かりできます。さらに、当社は子どもたちの塾通いを送迎するなど、さまざまなサービスを福利厚生に組み込んでいるんですよ。

1 2


amazonからのご注文
2020年3月号
COMPANYTANK 2020年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元バレーボール女子日本代表選手の大山加奈さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則