インタビュー

不動産

石黒 それは心強い。ではオーナー様と接する中で、心掛けていることは?

古川 不動産という仕事は何億もするオーナー様の大切な資産をお預かりすることになります。お預かりする以上は建物だけではなく、オーナー様の不動産に対する想いや将来的な資産運用などに関してのお考えなどをお聞きして、共有することが重要だと思っております。そのため、お会いできるオーナー様には可能な限りお会いして、ご自身の物件担当となるスタッフと直接打ち合わせなどさせて頂くことを大切にしています。やはり、一度でも顔を合わせてお話をさせて頂くとオーナー様も安心していろいろとご相談をしてくださるので、その後の提案内容などの幅が広がりますね。「不動産は生き物」だと言われます。その価値や募集提案なども常に変化していきます。その変化に対応するため、オーナー様と当社のスタッフが共に勉強をしていく姿勢が、とても大切であると考えております。

石黒 素晴らしい姿勢だと思います。オーナー様だけではどうすればいいか分からないことも多いでしょうから、専属の方が寄り添ってくださるというのは、唯一無二のサービスですよね。

古川 現在の不動産市場は人口の減少などの影響もあり、供給過剰な状態にあることは間違いありません。そのような中において、何もせずに物件を放置、または現状のままでの募集業務を継続していくと、賃料の下落と物件価値の減少につながります。それを防ぐためには、お客様が求めるニーズを意識した間取り変更も含めたリノベーションや設備・サービスの導入などは必要不可欠となってきます。しかし、そうしたリノベーションなどを実施するとなると、100 万円前後となる高額な工事費用が掛かる場合も。その場合、毎月の賃料収入では支払いをすることができないので、工事を断念する方もいらっしゃると思います。そこで当社では、毎月のキャッシュフローを意識した分割での精算をご提案しています。それによりオーナー様は毎月のキャッシュフローを維持しながら物件価値を高めることができ、最大限の費用対効果を得ることも可能となります。おかげ様で数多くのオーナー様からご好評を頂き、このサービスにより新しいオーナー様のご紹介なども頂戴しています。

石黒 お話を伺っていると、社長が充実感を持って事業に打ち込んでいらっしゃる様子が伝わってきます。

古川 不動産業とは、基本的に「間の仕事」で、売り主様と買い主様、オーナー様と入居者様を良い形でおつなぎするのが、私たちの役目だと思っています。社名の「Career Bridge」も、そうした理念からつけました。そして、良い仕事ができたときに、おつなぎした両方のお客様から感謝して頂けるということが、この仕事の醍醐味であり、私にとっての原動力になっているんです。

石黒 今後についてはいかがですか?

古川 物件オーナー様の中には、外国人の方も多くいらっしゃり、独自のコミュニティーが形成されているので、そうした方々にも当社のサービスを提供できるよう、体制を整えていこうと思っています。そして、商品ではなく人を見てお客様から「Career Bridgeさんだからお願いしたい」と言って頂けるような企業を目指して、一歩ずつ歩んでまいります。

GUEST COMMENT

石黒彩

住まいというのは人の生活に最も大きく関わるものですから、それをずっと同じ方に見守って頂けるというのは、物件のオーナー様はもちろん、住居者にとっても心強いと思います。私はよく引っ越しをするのですが、中にはあまり物件の説明をしてくれない業者さんもいます。ぜひ古川社長のような信頼できる方に業界を牽引していってもらいたいですね。

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則