インタビュー

不動産

株式会社 ペイフォワード

自衛官を経て、20歳のとき不動産業界に転身。賃貸仲介、不動産管理、売買仲介、相続対策、不動産投資など、不動産全般の経験と知識を得る。その中で感じた顧客への思いを形にするため、2019年に(株)ペイフォワードを設立した。

株式会社 ペイフォワード
住所 〒066-0084
北海道千歳市みどり台南1-9-9
URL https://p-forward.co.jp/

石黒 まずは、林田社長のこれまでの歩みからお聞かせください。

林田 私は学業修了後、自衛隊に入隊しました。しかし、次第に他の社会を見てみたいという思いが募り、不動産業界に転身したんです。それからは2社で経験を積み、当社の立ち上げに至りました。

石黒 では、御社のサービスについても教えて頂けますか?

林田 当社が手掛けるのは、不動産の売買仲介をはじめ、物件・土地の管理業務、不動産投資に関する購入や運用のコンサルティング、資産活用・相続対策のコンサルティングなどさまざまです。これまで不動産業界においてあらゆる経験を積み、自身の不動産投資の実績も生かして幅広く対応しています。不動産のことならトータルでサポートできる会社をつくりたかったんです。

石黒 1社でいろいろな手続きができるのは便利ですね。不動産については、内容が難しくてよく分からないという方も多そうです。

林田 おっしゃる通り、不動産は一般の方には馴染みが薄い分野です。特にマイホームの購入となると、普通は一生に一度。多い方でも2、3回程度でしょう。すると、住宅という大きな買い物なのに、情報格差で損をしたり、納得のいく物件を購入できなかったりする方もいらっしゃいます。そうした方を少しでも減らしたいという思いで、私はお客様と密にコミュニケーションを図り、情報を深くお伝えするよう努めているんです。

石黒 それだけ真摯な姿勢で取り組んでいる社長は、これからも多くの信頼を集めるでしょうね。

林田 ありがとうございます。私のサポートで、1人でも多くの方が理想をかなえられるよう導いてさしあげたいと思っているんです。

石黒 ところで、「ペイフォワード」という社名は響きが印象的で素敵ですね。どんな思いが込められているんですか?

林田 「ペイ」は「支払う」、「フォワード」は「先に」。これは、当社がお客様や地域・社会に対して、先に“利益”をご提供したい、という思いから名付けました。そして、私自身がこれまでにさまざまな方から受けたご恩を経験や知識、人脈、アイデアという形でお客様に還元したいという思いも込めています。

石黒 とても温かみのある社名だと思いますよ。その思いを形にするために、何か具体的に取り組まれていることなどはありますか?

林田  古民家などは手間やリスクの割にリターンが少なく、どこの不動産会社も扱いたがらない傾向にありますが当社ではそういった物件も積極的に引き受けております。空き家管理や中古住宅5年保証プランなどもご用意し、中古住宅の流通や遊休地の活用などを通して必要としている方へお届けすること、そして地域の活性化にも寄与していきたいです。

GUEST COMMENT

石黒 彩

私は過去にたくさん引っ越しをし、結婚後は売買にも携わりました。それでも不動産業界特有の決まりや契約書に書かれた内容は、正直言って分からないことが多いです。その状況を変えたいという林田社長の情熱は素晴らしいですし、真に「お客様のため」を実現されている姿勢にも感銘を受けました。


amazonからのご注文
2020年10月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広 水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則