インタビュー

サービス

株式会社 2nd of Life

名城大学在学中から個人事業主として営業代行サービスを手掛ける。次第に、フルコミッションの仕事に不安を感じるとともに、夢を抱く人を応援することを志すようになる。その後、愛知県名古屋市を中心に配送業を展開する(株)2nd of Lifeを設立した。

株式会社 2nd of Life
住所 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1
JPタワー名古屋 21F
URL http://secondof-life.com/

杉田 こちらは運送業を手掛ける(株) 2nd of Lifeの吉原社長です。社長は、もともと運送業界で活動していらっしゃったのでしょうか?

吉原 以前は約6年にわたって営業代行業を行っていました。しかし、完全出来高制だったので、収入が不安定で将来に不安を感じて 新しいことを始めようと思ったんです。模索する中で運送業にたどり着き、当社を立ち上げました。

杉田 営業から運送業へ転向するとは、思い切った決断をされましたね。

吉原 はい。当初集まったスタッフは7名ほどでして・・・。しかし今では人数も増え、規模も大きくなり、ご依頼頂く件数も着実に伸びてきています。お世話になった方々には本当に感謝しています。

杉田 一緒に働く仲間もお客様も順調に増え続けているのは、すごいと思います。

吉原 ありがとうございます。私は、1人でも多くの方に夢をかなえてほしいと思っています。そして、そのためのプラットフォームをつくりたいと思っていたんです。そんな方々と、ぜひ⼀緒に働きたいという思いを込めて、社名は「2nd of Life」(第2の人生)にしました。ですから、皆さんの目標や夢を実現するために、当社を使って頂きたい。また、現在まだ夢がないという方でも、当社をきっかけに夢を見つけて挑戦して頂きたいと思っています。

杉田 たくさんの方が、自分のやりたいことをかなえられるように、後押しをしたいということですね。

吉原 おっしゃる通りです。私がフリーで活動しているとき、同様な形態で働いている方々と一緒に仕事をすることがありました。しかし、収入が安定せず、夢を諦めてしまう方が多くいました。確かに簡単なことではないですが、お金の問題によって夢を諦めてしまう方をこれ以上増やしたくないと思っています。

杉田 夢を応援してくれる社長の存在は、多くの方にとって心強いと思いますよ。そんな社長のもとで働くスタッフ同士は、とても仲が良いのでは?

吉原 当社はとてもアットホームな雰囲気なんですよ。運送業は、個人で荷物を運ぶ仕事なので、なかなかスタッフ間でコミュニケーションを取るのが難しい場合もあります。しかし、スタッフ同⼠で⻝事に誘いあったり、仕事が終わった後も会話が弾んだりと、本当に仲が良く、強い絆が生まれていますね。1人のドライバーの荷物が多くて配れないときは、みんなが応援に駆けつけてくれますよ。

杉田 良い人間関係が築けると、それぞれに心の余裕が生まれ、質の高いサービスの提供につながるかもしれませんね。

吉原 そうですね。今後も、多くのお客様やスタッフから信頼してもらえる会社として成長していきたいと思っています。夢や目標のある方、新しいことに挑戦したい⽅は、ぜひ当社で⼀緒に働けることを楽しみにお待ちしております。

GUEST COMMENT

杉田 かおる

お若い頃から独立をし、経験豊富な吉原社長。「スタッフのことは家族だと思っているんです」とおっしゃっていて、とても仲間思いの社長です。そのようなお方だからこそ、事業を急成長させることができているのでしょう。これからのご活躍がとても楽しみです。私も陰ながら応援しています。


amazonからのご注文
2020年1月号
COMPANYTANK 2020年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、サッカー指導者の佐々木則夫さんがご登場!監督として、なでしこジャパンを世界一に導いた手腕に迫ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 矢部 みほ 時東ぁみ 鶴久 政治 宮地 真緒 畑山隆則