インタビュー

サービス

吉井 建物に関するメンテナンスのことなら、何でもお任せできるんですね。お客様へ接する上で、心掛けていらっしゃることはありますか?

目黒 私はお客様としっかり向き合うことを大切にしているんです。私たちの仕事は、小さなミスがクレームにつながることも多いため、そこで逃げ腰になってしまう業者が意外と多いんですよ。もちろん、ミスなくお客様のご要望にお応えすることは当然のことです。ただ、万が一失敗してしまった際には、決して逃げることなくお客様ときちんとお話しするようにしています。そのような立ち振る舞いをすることが、仕事を依頼して頂いた方々に対する誠意だと思うんです。

吉井 素晴らしい姿勢だと思います。そのような社長の考えは、スタッフの方々とも共有していらっしゃるのですか?

目黒 ええ。現場でお客様や職人さんたちとコミュニケーションをしっかりとることや、常に気に掛けることが、仕事をスムーズに進める秘訣です。そのためススタッフには、技術を磨きながら、現場での気遣いやマナーも学んでいくように伝えています。
 また、誰とでも同じ目線で会話ができるようになるには、政治のことや社会のことなどに関する知識を身に付けておくことが大切ですよね。そこで私は、若いスタッフに対して、世の中の動向を知るために常にアンテナを張っておくようアドバイスすることもありました。

吉井 そうなんですね。お話を伺っていると、社長がスタッフの方を気に掛けながら真摯に事業に取り組んでいらっしゃる様子が伝わってきました。社長の存在を頼りにしているお客様も多いことでしょう。

目黒 そうであれば嬉しいです。私は、スタッフや協力業者の方、そしてそのご家族や私自身の家族の誰1人として不幸にすることはできないと、常に肝に銘じて仕事をしています。当社の事業を通して関わった全ての方が幸せになって頂けたら嬉しいですね。

地域活性化に貢献できる企業へ

吉井 息子さんも事業に参画しているということで、会社としてこれからも成長していくことと思います。今後のビジョンについてはいかがでしょうか?

目黒 私は、自分の目が届く範囲で組織を構築していくのが性に合っているので、会社を必要以上に大きくしていくつもりはありません。しかし、少数精鋭の体制を維持できる範囲で、スタッフを増やしていきたいと考えています。
 そして、人口が減少傾向にある横須賀市で雇用を行うことで、少しでも地域活性化に貢献できる企業となるよう、しっかりと環境を整えていくつもりです。また、お客様からの信用を第一に考え、スタッフと一丸となって頑張り続けてまいります。

吉井 では最後に、この先一緒に働く仲間に向けて、メッセージをお願いします。

目黒 当社の仕事は、早く仕事を終えることができれば、その分プライベートの時間を充実させることができます。仕事についてもしっかり教えますので、やる気がある方はぜひ一緒に働きましょう。

GUEST COMMENT

吉井 怜

「息子の代に引き継ぐことになったら、時代の流れに合わせて自由に形を変えていってほしい」と語っていた目黒代表。まだまだ現役で会社を成長させながらも、すでに遠い先の未来まで見据えていらっしゃるところに、代表の懐の深さを感じました。これからも親子二人三脚で、ぜひ横須賀市を盛り上げていってくださいね。応援しています。

1 2


amazonからのご注文
2020年1月号
COMPANYTANK 2020年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、サッカー指導者の佐々木則夫さんがご登場!監督として、なでしこジャパンを世界一に導いた手腕に迫ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 矢部 みほ 時東ぁみ 鶴久 政治 宮地 真緒 畑山隆則