インタビュー

建築

お金をかけずに質の高いリフォームを

石黒 リフォームと一口に言っても幅広い工種があるかと思います。現在どういった案件を請け負っていらっしゃるのか、詳しく教えて頂けますか?

本澤 当社では主に、雨樋や屋根、波板、カーポートといった外装のリフォームを中心に手掛けており、交換・修理・清掃・新設と、お客様のご要望に合わせた内容で施工させて頂いています。また、他にも屋根、外壁の塗装も行っています。私自身がかつて職人として現場に出ていたため、品質には自信がありますし、施工費用に関しても出来る限り軽減するスキームを独自に持っているので、場合によっては実質0円でリフォームをさせて頂けるというのが当社の特長です。

石黒 それはすごい!リーズナブルな価格設定にしている業者さんはよく見かけますが、実質0円というのは初めて聞きました。一体、どういう仕組みでそのサービスを実現されているのですか?

本澤 雨樋や屋根というのは野ざらしになっているため、時とともに老朽化していくものですが、リフォームが必要なほどの破損や欠損は、積雪・台風・落雷など自然災害によるものである場合があり、火災保険が適用される可能性があります。そして、保証が認められればそれを施工費用に充てて頂くことで、お客様には負担を掛けずにリフォームをさせて頂ける、というわけです。お客様の中には、そもそも外装リフォームに保険が活用できるということをご存じない方もいらっしゃいますし、「どうやって申請すれば良いのか分からない」というケースも多いでしょうから、被害箇所の特定から立証、保証の申請まで、まずは当社にご相談頂ければと思います。

石黒 なるほど。保険活用のサポートも合わせて行うことで、お客様の負担をなくしていらっしゃるのですね。

本澤 ええ。ご依頼を頂いた際には、まずしっかり時間を取って見積もりの詳細を出させて頂き、どこまで費用を削減できるかをご説明しますし、工事が始まってからも施工中の写真をこまめに撮影して仕事の「見える化」に努めています。また、現場の職人たちには常に「お客様の目線に立って仕事をしよう」と声を掛け、身だしなみや近隣の方へのあいさつなども徹底させているんです。

杉浦 隣で見ていても、本澤は本当に仕事に対して誠実だと感じますね。その姿勢がお客様はもちろん、一緒に働く社員や職人たちにも伝わっているからこそ、皆が「この人についていこう」と心を1つにして頑張れるのだと思います。

石黒 お話を伺っていても、お二人の仕事への熱意がひしひしと伝わってきます。お客様のためにそこまで尽くせる原動力は、どこにあるのでしょう。

本澤 やはり、自分たちの仕事によってお客様の喜ぶ顔が見られることが、純粋なやりがいになっているんです。じっくりと時間を掛けてお話しする分、お客様とは強い信頼関係を築くことができますし、工夫を重ねてコストをかけずに施工を完了させたときに「ありがとう」と言って頂けると、達成感がありますね。

石黒 では最後に、会社としての今後のビジョンについてもお聞かせください。

杉浦 ただ組織を大きくするよりは、個人個人がしっかり成長できる環境を整えて、建設業界に限らず幅広い分野にチャレンジする中で、さらに皆様に頼られるような企業を目指したいと思います。

本澤 「どんな材料を使うのだろう、あいさつはちゃんとしてくれるのかな」といったお客様の不安を、全て当社で解消しつつ、良質な施工を提供いたします。外装リフォームのことでお困りの方は、ぜひ安心して当社にお任せください。

GUEST COMMENT

石黒 彩

「万が一、何かあれば必ず自分がフォローするから、職人たちには正直な仕事をしてほしいと伝えています」と本澤社長。お話の端々から社長の懐の深さがうかがえましたし、そういうお人柄だからこそ、自然と素敵な仲間たちが集まってくるのでしょうね。これからも杉浦専務と二人三脚で、ぜひ活躍のフィールドを広げていってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則