インタビュー

スペシャリスト

株式会社 Staredge

バンドでのメジャーデビューの夢を追い、20歳で上京。28歳までライブを中心に音楽活動を続ける。その後、ベンチャー企業でマーケティングやWebビジネスを学び、(株)Staredgeを創業。現在もテレビ番組のエンディング曲を作曲するなど音楽にも携わっている。

株式会社 Staredge
住所 〒106-0032
東京都港区六本木7-7-7
Tri-Seven Roppongi 8F
URL http://www.staredge.co.jp/

矢部 御社では、具体的にどのような事業を行っているんですか?

堀江 少数精鋭の若手スタッフたちと、マーケティング、セールスプロデュース、インターネットビジネスや投資関連のスクールやセミナー、販売研修や人材育成研修など多彩な事業を展開しています。マーケティングやセールスプロデュースでは、「価値を極限まで高め、“伝わる形で”伝え、実際にその価値を提供して世の中をさらに良いものにする」のがミッションだと考えています。ですから、「こんな売り方があるんだ!」とお客様が驚くようなアイデアをご提供しますよ。

矢部 自社の商品やサービスを世間に広めたいお客様にとって、頼もしい存在ですね。業務上、堀江社長が大切にしていることは何でしょうか?

堀江 とにかく、コミュニケーションを大切にしていますね。お客様との打ち合わせでも、できるだけ多くの時間を取った上でアイデアを出します。また、他の経営者の方々と会う機会をこまめに設けて、情報交換を欠かしません。

矢部 なるほど。きっと、スタッフさんたちとのコミュニケーションも大切にしているんでしょうね。

堀江 もちろんです。やりがいを感じてもらうため、本人がやりたくないという仕事はさせません。一人ひとりの個性を生かすため、その人に合った業務を任せているんです。また、週に一度は食事をするなど、積極的にコミュニケーションを図っています。私は彼らの仕事に対する考え方をじっくり聞きながら、「仕事も人生も勉強。読書をするなどインプットとアウトプットを大事にするように」と指導しているんです。自分自身も最先端の情報を仕入れるなど、常に勉強をするようにしています。

矢部 社長からは常に何かを学ぼうとする意気込みを感じます。その姿勢が、お客様からの評価につながるのでしょう。

堀江 ありがとうございます。当社のコンセプトは「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の「三方良し」。マーケティングを通じて愛着のわいたお客様の商品が、世に広まると嬉しくなりますし、「ありがとう」と感謝して頂けると大きなやりがいを感じます。この言葉をお聞きするために、当社はどこよりも早いスピードで事業に取り組んでいるんですよ。レスポンスの素早さには、絶対の自信を持っています。

矢部 頼もしいお言葉です。今後もより多くの要望に応えていってくださいね。

堀江 はい。当社は横のつながりを大事にしながら、お客様や協力会社さんへの感謝の気持ちを忘れず成長していきます。また、できるだけ残業をしないなどプライベートを充実させることも重視しているんですよ。そうやってストレスなく楽しく仕事をしながら、世界ナンバーワンのマーケティングプロモーションカンパニーになることを目指します!

ゲスト
GUEST COMMENT

矢部 みほ

堀江社長とお会いして感じたのは、お客様と同じ目線で、サービスに取り組む方だということ。大切な商品を広く販売する手法やサービスの展開方法にお悩みの経営者さんは多いはず。そういう方にはぜひ、社長に相談して頂きたいですね。今後のご活躍を、私も陰ながら応援しています!


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則