インタビュー

スペシャリスト

GIFT & CRAFT Mita

会社員時代に、今のメンターとの出会いをきっかけに自身の将来と向き合い、事業を立ち上げることを決意。数年にわたりイベントの企画や運営などの経験と実績を積み、今では小売事業やコンサルティング事業、今後は不動産事業も視野に入れるなど、全ての事業を右肩上がりで拡張している。

GIFT & CRAFT Mita
住所 〒108-0073
東京都港区三田4-1-4
城南ビルディング 1F
URL https://craft-mita.org/
株式会社 ゆいまーる
住所 〒108-0073
東京都港区三田1-1-4

大路 こちらは2016年に設立された会社だと伺っています。島袋社長は、もともと独立を志しておられたのですか?

島袋 私は、両親が公務員だったことも影響して、学生の頃は教員を目指していたんです。安定志向だったこともあり、学業修了後は大手の金融会社に就職しました。しかし、入社直後にリーマンショックの影響を受けて自分の将来について、「このままでいいのかな?」と考えるようになったのです。

大路 当時はとても大変だったことと思います。そこからどのようにして起業するまでに至ったのか気になります。

島袋 それからしばらくして、職場の同僚を通じて、今の私のメンターとなる経営者にお会いしたんです。その方は、仕事で悩んでいた私に「仕事は人生を良くするためのものだから、まずは自分自身にとって、最高の人生とは何かを考えてごらん」と声を掛けてくださいました。それをきっかけに私は、自分の将来や「本当はどうしたいか」を考えはじめました。
その結果、会社員の延長線上に私の理想はないと気づき、事業を立ち上げることを決めました。

大路 起業してみていかがでしたか?

島袋 当初は、人と接することが苦手で、戸惑うことも多かったんですよ。しかし、先ほどお話ししたメンターから、まずは人脈を広げてみるようアドバイスを頂きまして。とにかくたくさんの人と交流して、コミュニケーション能力が磨かれたと思います。そうして経験を積み、28歳のときにメンターからのれん分けする形で事業を引き継ぎ、2016年には法人化を果たしたんです。

大路 では、事業内容についても詳しくお聞かせください。

島袋 当社では提携している企業様とのイベント企画・運営事業を展開しつつ、「GIFT & CRAFT Mita」というショップを港区にオープンしました。そこでは、サスティナビリティを軸に、オーガニックコスメやキッチン・バス用品などを扱っており、子育て中の方やスマートな暮らしをお求めの方に、地球に優しくスタイリッシュなアイテムやサービスをお届けしています。また、提携している生産者の声を届けることにこだわっており、現地での取材を通したメディア事業にも力をいれています。そのほか、中小企業様のシステム構築に関するコンサルティング事業や、貸し会議室の運営、当社オリジナルブランドのクラフトビール開発など、幅広く事業展開しています。この先も新しい事業にどんどん挑戦していきたいと考えています。

大路 今後のご活躍が楽しみです!

島袋 ありがとうございます。これからも既存の事業に注力しながら、私のように起業を目指す女性を応援すべく、女性起業家のための保育園をつくりたいと考えています。また、講演会の開催なども視野に入れて、まい進し続けたいです。

GUEST COMMENT

大路 恵美

「かつて私の背中を押してくれた師のように、今度は自分が誰かの挑戦を後押ししたい」と語ってくださった島袋社長。楽しみながら挑戦していらっしゃる姿が印象的でした。これからもその明るさと行動力を武器に、若手起業家たちのリーダーとして活躍していってください。


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則