インタビュー

建築

内山 社長が誇りを持ってお仕事をされていることで、従業員の方々のやる気も増していくことでしょう。社内の雰囲気づくりにおいて、心掛けていらっしゃることはありますか?

斎藤 私たちが手掛ける建物は、3~4人でチームを組んで現場に出ることが多いんです。そのチーム全体で、切磋琢磨できるよう努めています。それが結果的に、質の高い施工につながっていくんです。例えば、どんなに腕が良かったとしても1人でできることには限りがありますよね。私は、お互いに補い合いながら、チームとして成長していくことが、会社にとっても良いことだと確信しているんですよ。

内山 社長ご自身が現場でのご経験があるからこそ、従業員の方々の苦労を理解したり、気を遣ったりできるのだと思います。

斎藤 そう言って頂けると嬉しいですね。私は従業員たちにどんどん挑戦する機会を与えて、技術の向上とともに収入も上げていってもらいたいんです。そうして、家族のためにお金と時間を使えるようになってもらえたら嬉しいですね。

仲間を増やしさらに事業拡大を

内山 お話を伺っていて、社長が生き生きと事業にまい進していらっしゃる様子が伝わってきます。ご自身では何が原動力になっているとお考えですか?

斎藤 地元で活躍している同世代の経営者たちの存在ですね。定期的に集まって話をする機会をつくっています。「彼らにできることは自分にもできるはず」と思えるような良い刺激を彼らからもらっているんです。

内山 社長ご自身も、知人の皆さんと切磋琢磨していらっしゃるのですね。素晴らしい試みだと思います。

斎藤 ありがとうございます。また、長年この業界に携わってきて、設備工事の仕事は、終わった後の手応えをとても強く感じられるものだと思っています。

内山 具体的には、どのようなときにやりがいを感じていらっしゃるのか、ぜひお聞かせください。

斎藤 水道がなかった場所に、水道を設置したことで水が出るようになったときは、達成感を感じましたね。それは、現場に出ていたからこそ、得られた経験だと思います。後進に続く従業員たちにも率先して現場に出てもらって、この仕事のやりがいを感じてほしいです。

内山 そんな社長の思いは、従業員の方々に伝わっていると思います。今後のビジョンについてはいかがでしょう?

斎藤 既存の事業を継続するのはもちろん、公共工事関連の仕事により注力していきたいです。そして、福利厚生をより充実させ、働きやすい環境をつくり、一緒に働く仲間をもっと増やせたら良いですね。また、ゆくゆくは自分の母校の工事もできるようにまい進していきます。

GUEST COMMENT

内山 高志

「ここ数年は退職者がほとんど出ていません。それが、自分のやり方が間違っていないという自信になっています」と笑顔で語っていらっしゃった斎藤社長。自分の芯をしっかり持ちながら、周囲への気遣いも忘れず、お話ししていて社長の鏡のような方だと感じました。これからも社長のもとには多くの仲間が集まってくることでしょう。今後のご活躍を応援しています。

1 2


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則