インタビュー

サービス

究極の“おもてなし”を実現

内山 自分と同じようなつらい経験をした人のお役に立とうという思いが、代表を独立へと走らせたわけですか。それでは、具体的な事業内容を教えてください。

椎名 当社は企業専属便、チャーター・スポット便、ルート便など軽貨物運送を中心に幅広いご依頼に対応しております。仕事の内容自体も基本的に荷物を運ぶというシンプルなものなので、未経験からでも始められます。しかし、そうだからこそ、この仕事には運ぶ以外の付加価値が必要というのが私の考えでして。そのため、飲食業で培った接客術やコミュニケーション能力を運送の仕事にも落とし込んで、“おもてなし”に特化したオンリーワンのチームづくりを進めているんですよ。

内山 なるほど。荷物を届けるだけでなく、付加価値の創出に注力していらっしゃると。

椎名 ええ。飲食店で出てくる料理は美味しいのが当たり前。それと同じで、運送業者が荷主様の荷物を送り先に時間通りに届けるのは当然のことです。その上で、そこに付け加えるものが重要なんですよ。当社の「おもてなし」は、サインを頂く際にこちらからボールペンを出したり、お届け先の家の扉を両手で丁寧に閉めるようにしたり、些細な気遣いを積み重ねる配慮にあります。そうした繊細な対応をしてこそ、お客様に心から喜んで頂くことができるんですよ。

内山 代表のそうした理念をドライバーさんたちにも共有しているんですね。

椎名 はい。業務委託契約を結んでいるドライバーは全員、私がこれまで学んできたノウハウを伝授する特別研修を受けていますし、全員が学んだことをしっかり実践してくれています。また、私もドライバーたちがより働きやすくなるような労働環境を整え、質の高い仕事をお客様にご提供することを心掛けています。そうして届け先の皆様、ドライバー、荷主様の全員が感謝し合える関係を構築できれば、利益は後からついてくると信じているのです。

飲食業界への再進出も見据えて

内山 ご自身を仕事に突き動かす原動力は何だと思われますか?

椎名 私は、社会に貢献し続けることで、自分が生きた証を残したいという思いを持っているんです。だからこそ、「椎名に出会えて良かった」と、多くの方から思って頂きたい。そのためにはまだまだ会社を成長させなければなりません。そこで、現在手掛けている軽貨物運送に引き続き注力しつつ、今後は一般貨物運送業や倉庫管理業にも手を広げていくつもりです。また、私はもともと料理人でしたから、その経験を生かしてコンサルタントとして飲食業に再進出することも考えています。

内山 明確なビジョンをお持ちで、この先の展開も楽しみです。

椎名 ありがとうございます。実は、現行の事業とは別軸で、世の中に上手く馴染めずに悩んでいる若者たちのために、施設を立ち上げるアイデアもあります。これは、私が脳梗塞を患ったときにお世話になった方々が夢見ていたことでもあるので、恩返しの意味も込めて私の手で必ず実現させたいですね。そうして、これからも多方面で社会貢献できるよう、努力していきます。

GUEST COMMENT

内山 高志

「料理人を続けていたら今の自分はいないから、新たな道へ進んで良かったと思う」と語っていた椎名代表。つらい経験を乗り越え、ご自身の人生としっかり向き合い続ける心の強さに感銘を受けました。異業種に飛び込んでゼロからやり直せる気持ちが、今の成功を支えているのでしょうね。これからもぜひ、大いに飛躍してほしいです。

1 2


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則