インタビュー

スペシャリスト

関わる全ての人を幸せに

水野 独立と同時に、さまざまな事業を手掛けているなんて、すごいバイタリティーですね。人材紹介業と一口に言っても内容は幅広くあると思います。社長はどういったスタイルでサービスを提供していらっしゃるのでしょうか?

開原 私が掲げているのは、「働き方改革とマネーリテラシー向上」を実現する人材紹介業です。Webデザイナーの方を中心に、就職、転職、在宅・ノマドワークなど、一人ひとりに適した働き方をご提案できるよう、間に入ってコンサルティングをしております。今はスキルさえ身に付ければ生涯働き続けられる世の中である一方、もし仕事を辞めてしまえば年金だけで生活するのは難しいという現状もあります。だからこそ、自己実現に挑戦しつつも家族と末永く安心して暮らしていくために、資産運用などのマネーリテラシーの知識についてもアドバイスさせて頂いているんです。

水野 社長がかつて自らの働き方改革を実現なさったからこそ、説得力のあるアドバイスを提供できるのでしょうね。

開原 また、もう1つの柱として最近力を入れているのが、地方創生を見据えたスポーツ支援事業です。私は学生時代、Jリーグ横浜FCの下部組織に所属してサッカーに打ち込み、仕事を始めてからもフットサルの社会人リーグでプレイしていました。その中で、スポーツ選手がプロとして生きていくことの難しさを肌で感じた経験があります。そこで、少しでも選手の力になるために、現在は京都のサッカーチーム「おこしやす京都AC」のオフィシャルパートナーになりました。そちらでは、スポーツ経営のノウハウを学んだり、ガーナ人選手の活躍を支援するプロジェクトを推進したり、私のさまざまなスキルも生かしつつサポートしています。

水野 本当に多分野でご活躍されているのですね。私もスポーツのお仕事によく携わっているので、スポーツ界にスポットが当たるのは嬉しいです。

開原 いずれはバスケットボール、バレーボール、卓球など複数の競技を支援していきたいです。各スポーツ団体が利益を上げられる仕組みをつくることで、その地域活性化に貢献できればと思います。構想段階のアイデアとして、スポーツチームとふるさと納税をマッチングするプラットフォームを立ち上げるのも面白いのではないかと考えていますよ。

水野 次から次へと事業のアイデアが出てきて、聞いている私までワクワクしてきました!

開原 ありがとうございます。直近では YouTubeを活用した情報発信にも挑戦予定ですし、今後もどんどん新しい分野へ飛び込んでいくつもりです。やらない後悔はしたくないので、とことん挑戦して、「トライ&リトライ」でミッションを実現していきます。そして、私と関わる全ての人が幸せになるようなビジネスを、この先も手掛けてまいります。

スリーウィン(株)がオフィシャルパートナーを務める「おこしやす京都AC」。現在は京都に拠点を置き、関西サッカーリーグに参加している。Jリーグ加盟を目指すとともに、地域のシンボルとなるよう活動中だ。
https://ococias.kyoto/

GUEST COMMENT

水野 裕子

「今の世の中、何がビジネスになるか分からないからこそ、面白いと思ったことには何でも挑戦したい」と語っていた開原社長。事業についても本当に楽しそうにお話しする姿が印象的で、こういう方がより良い未来を切り拓いていかれるのだろうと感じました。世の中全体を元気にするパワーをお持ちだと思いますので、大きく飛躍して頂きたいです!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則