インタビュー

スペシャリスト

スリーウィン 株式会社

新卒で食品パッケージの印刷会社に就職し、中国やタイへの輸出事業の立ち上げを経験。次の人材紹介会社では新卒紹介事業や採用イベントなど複数のプロジェクトの立ち上げに携わり、経験を積む。家族との時間を取りつつ自分の手掛けたいビジネスを実現するため起業を決意し、2019年2月にスリーウィン(株)を設立した。人材紹介事業を中心に、Webデザインやスポーツ支援など、さまざまなフィールドで活躍中。

スリーウィン 株式会社
住所 〒213-0033
神奈川県川崎市高津区下作延3-24-1
宮崎台北パークホームズ202
URL http://three-win.net/
・フリーランスWEBデザイナー養成講座
(株式会社 日本デザイン×株式会社 マネクルのコラボ企画)
・VIVALA PIPO@人間万歳
(衣装協力 Tomoyasu Koja氏)

人材紹介事業やスポーツ支援事業まで、複数の分野で事業を展開しているスリーウィン (株)。「関わる全ての人がWINでワクワクするビジネスを」を掲げて自身のアイデアを形にし続ける開原社長。その事業の詳細と、将来的なビジョンについて、タレントの水野裕子さんが伺った。


自らの「働き方改革」を実現するために

水野 こちらは2019年2月に立ち上げたばかりだそうですね。まず、開原社長のこれまでの歩みから伺えますか?

開原 私はもともと、人材紹介会社で新卒紹介事業や採用イベントなどのプロジェクト立ち上げに携わっていました。その中で、さまざまなビジネス書などを読むうちに、自分でもいくつか事業の構想が生まれたんです。ちょうど、家族との時間をもっとゆっくり取りたいという気持ちも芽生えていた頃でした。「それならば起業して、自分のやりたいことをやってみよう」と独立を決意したんです。

水野 なるほど。ご自身の働き方改革も見据えての独立だったと。とは言え、安定した環境を離れてゼロから始められる不安もあったのでは?

開原 そうですね。「やっていけるのか」という心細さはもちろんありました。ただ、一度きりの人生なので後悔したくないですし、どうせならワクワクするようなビジネスを興したいと考え、前向きに進むことにしたんです。

水野 実際に事業をスタートされた感触はどうだったか、教えてください。

開原 独立後にご協力頂けそうな方々と人脈をつくることはできていたので、人材紹介会社として独立すれば、集客や顧客開拓ができる自信はありました。また、起業をする1年前から不動産投資も始めていたので、創業時から不労所得を確保することに成功し、比較的早く経営を軌道に乗せることができたんです。さらに、仕事の合間に半年間のフリーランスWEBデザイナー養成講座をオンラインで受講し、デザインスキルを身に付け、バナーやLP製作の事業も立ち上げました。そこで知り合ったデザイナーの方たちの活躍支援をするための人材紹介業も8月よりスタートするなど、現在進行形で業容を拡大しているところです。

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則