インタビュー

スペシャリスト

株式会社 CLEAR

母子家庭で育ち、幼少期から「お金」の大切さを痛感する。家計を支えるために、高校卒業後は東証一部上場企業に就職。その後、収入面や働き方で理想とのギャップを感じ、さまざまな副業を手掛けるように。その中でバイナリーオプションと出会い、収入アップを達成。自らの経験を役立てるべく、2018年に(株)CLEARを立ち上げ、「CLEAR投資塾」の運営を開始した。

株式会社 CLEAR
住所 〒802-0004
福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-1-1
北九州東洋ビル5F
URL http://clear-bo.com/

バイナリーオプションの基礎知識から取引ノウハウを学べる「CLEAR投資塾」を運営する(株)CLEAR。後藤社長は取り引きの技術はもちろん、生徒が幸せになるためのお金の使い方や目標設定の仕方についても指導している。その独自のスタイルに、ミュージシャンの鶴久政治さんが迫った。


お金を幸せと結びつけるために

鶴久 後藤社長はバイナリーオプションのノウハウを伝授する投資塾を運営していらっしゃるそうですね。まずは、独立までの歩みからお聞かせください。

後藤 幼い頃に両親が離婚し、母子家庭で育ちました。経済的に厳しい生活が続く中で、私を含めた兄弟4人を一生懸命に育ててくれた母の姿を見て、いつしか「お金さえあれば全てを解決できる」と考えるようになったんです。工業高校卒業後は、東証一部上場の大企業に就職し、家族を助けるべく必死で働き始めました。しかし、10代ですぐに収入を上げるのはなかなか難しかった上、10年以上働いている先輩社員たちの姿を見ても幸せそうにしている人は誰もいませんでした。しかも、私はお客様と直接関わる機会もなかったので、大きなやりがいも感じられない。それで、次第に「この仕事を10年、20年と続ける意味はあるのだろうか」と不安になりまして・・・。

鶴久 なるほど。収入面でもやりがいの面でも、ご自身の働き方に迷いが生じられた時期があったのですね。

後藤 はい。そこで、将来のためには今からお金を蓄えておく必要があると考え、働きながら副業としてアフィリエイトやFXを開始しました。成功と失敗を繰り返しながら、少しずつ成果を上げられるようになり、2016年には勤めていた会社を退職したんです。新たな道を模索していたときに出会ったのが、バイナリーオプションの講師の仕事でした。

鶴久 他の投資と比較して、バイナリーオプションのどこに魅力を感じられたのでしょうか?

後藤 バイナリーはFXなどと同じく為替金融商品の1つで、FXと比較するとはるかに少ない元手で取り引きを始めることができ、かつ短時間で成果を上げられる。つまり、やり方次第で飛躍的に収入を向上させられるところですね。もちろん、そのためにはしっかりした知識とスキルが必要で、独学では厳しい。私も信頼できるプロの方から意味ある知識を教わることができたからこそ、「脱サラから2年で月収5倍」という成果を出せたのです。

鶴久 紆余曲折を経て、ついに成功を掴みとられたのですね。そのまま投資家として着実に利益を上げ続けられる道もあったかと思います。あえて塾を開いて多くの人にノウハウを提供しようと考えられた理由を教えてください。

後藤 私は、ただお金を稼ぎたいのではなく、お金を通じて幸せになりたいんです。私にとっての幸せとは、多くの人と関わり、一人ひとりのお役に立つこと。また、サラリーマン時代では得られなかった社会貢献としての仕事のやりがいです。そこで、これまでに得た知識や経験を伝えることで、生徒さんたちには収入をアップしてもらい、幸せになって頂きたいという思いから、「CLEAR投資塾」を開くことにしました。

1 2


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則