インタビュー

医療・福祉

早くからインプラント治療に着目

宮地 そんな熱い信念をお持ちの院長が、どうして歯科医を目指されることになったのか、そしてインプラント治療に出会ったのかが気になります。

田中 実は私自身、幼少期に歯があまり丈夫ではなくて、よく歯科医院に通っていたことからこの世界に興味を持ちました。そうして歯科医師を目指して歯学部に進み、本格的に勉強をする中で、インプラント治療を知ったんです。「歯がなくなったところに新しい歯をつくり出すなんて、素晴らしい治療だ」と感動しましたね。

宮地 インプラント治療は、最近になってようやく一般に認知されてきたというイメージがあります。院長はかなり早くから注目されていたのですね。

田中 そうですね。皆さんが思っている以上に長い歳月を掛けて研究されている治療法なんです。現在では、予知性の高い優れた治療法として確立しており、安心安全な治療として抜けた歯のある方にとって福音の治療となっています。

宮地 あまり知られていない治療法を患者様に理解してもらうのに、苦労されたこともあったかと思います。治療にあたる上で心掛けてきた部分があれば、ぜひ教えてください。

田中 技術的に確かな治療を行うことはもちろん、「自分が患者ならどうしてほしいか」という思考を常に大事にしてきました。そのため、しっかりとニーズをお聞きし、その方にとって最も適切な治療を提示し納得した上で施術を心掛けているんです。そうした丁寧な治療を続けるうちに、少しずつ口コミで評判になっていき、多くの方に足を運んで頂けるようになりました。現在では当院のインプラント治療を受けに、遠方からお越しになる患者様も多くいらっしゃいますよ。

歯科医療のさらなる向上を目指す

宮地 ところで院長は、インプラント治療における書籍の執筆や、学会活動にも注力していらっしゃるそうですね。

田中 そうですね。現在、日本大学松戸歯学部臨床教授として大学での講義や全国各地においての歯科医師向け講演を行っており、最新のインプラント治療の普及に注力することで健康長寿の延伸に寄与できればと考えております。

宮地 ご自身の医院の運営に加え、対外的にも精力的に活動なさっているんですね。その原動力は一体なんでしょう。

田中 やはり、私が治療したことによって患者様に「よく噛めるようになって何でもおいしく食べられるようになった」と言って頂き、笑顔を見られることが何より嬉しいですし、私の生きがいだと感じます。また、アメリカなど海外諸国と比べると、日本における歯科医の地位はまだまだ低いと思っていまして。日本の歯科医の社会的地位を向上させていきたいという気持ちも、大きなモチベーションになっていますね。

宮地 では、この先もまだまだ第一線で走り続けていかれると。

田中 ええ、もちろんです。インプラント治療のことを知らず、「怖い」というイメージだけで敬遠されるのはとてももったいないこと。皆様一人ひとりの幸せな人生のためにも、より良い治療を伝え続けていこうと思います。

GUEST COMMENT

宮地 真緒

「笑う時、食べる時、話す時―歯は人生の基本となっているんです」と語っていらっしゃった田中院長。歯の健康の重要性を広く伝えるため、多忙な日程の合間を縫って全国各地で講演会も開いていらっしゃる姿勢には頭が下がります。柔和な笑顔が印象的で歯科医院の怖いイメージも払拭してくださる方で、ぜひとも日本の健康長寿社会の実現に向けて活躍してください。

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則