インタビュー

IT

ミクレニティ 株式会社

祖母の言葉である「人は思いやりが大切だ」を糧に成長。やがて海外を放浪する。帰国後はシステム開発会社に就職し、海外担当として活躍した。その後、大手電機メーカーの欧州本社に引き抜かれて約1年半勤務。再び帰国した後、フリーランスのITコンサルタントに。10年間やりたいことを模索した末、2014年にコンサル会社を買収、社名・役員・定款を改め、ミクレニティ (株)が誕生、代表取締役社長に就任。


ミクレニティ 株式会社
住所 〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-5
翔和須田町ビル5F
URL https://micrenity.co.jp/

海外での放浪生活や、自分の本当にやりたいことを探す時代を経て、ITコンサルティング会社・ミクレニティ(株)の経営者となった横野社長。何よりも思いやりを大切にし、身を削って人の役に立ち続ける人柄には、女優の杉田かおるさんも感嘆の声を上げていた!


「やりたいこと」を模索した10年間

杉田 まずは、横野社長の歩みからお聞かせください。

横野 私は、祖母の「人間は思いやりが大切だ」という口癖を聞いて育ちました。やがて英語に興味を持つようになり、20歳くらいの頃に海外を放浪し、次第に海外で働きたい思いが募りました。そのためには英語以外に何を身に付ければいいのか考えまして。IT業界であるとひらめいたんです。それで、帰国後はシステム開発の会社に就職しました。海外担当として勤務する中で、お客様に「帰国の際は私も同行させてほしい」と頼んでいたんです。すると、ドイツにある大手電機メーカーのヨーロッパ本社からスカウトされ、実際に1年半ほど勤務しました。こうして夢をかなえた私は、帰国後、フリーランスのITコンサルタントに。ただ、30代になると自分が「やるべきこと」と「やれること」「やりたいこと」をそれぞれ模索するようになったんです。

杉田 どのような結論を導き出されたのか気になりますね。

横野 「やるべきこと」と「やれること」は、簡単です。自分に与えられた仕事を、自分の特長を生かして率先して取り組めばいいですからね。しかし、「やりたいこと」は、10年間探しても見つかりませんでした。その間も年収は上がり続けたにもかかわらず、充実感も達成感もなく、逆に虚しさが募るだけ・・・。そこで私は、腰を据えて仕事をするために事業を興そうと決意しました。そんな時期に、経営者だった知人から「引退するから、会社を買収しないか」と声を掛けられ、買い取ったのが当社なんです。

会社はスタッフの夢を実現する場

杉田 不思議なご縁に導かれて、経営者になられたのですね。そういえば、御社ではユニークな人材の集め方をなさっているとお聞きしましたよ。

横野 当社には現在80名ほどのスタッフがおり、そのうち8割は私の以前からの知人なんですよ。それもあって、非常に良好な人間関係が築けています。また、当社ではプロジェクトを推進するマネジメント業務を得意としており、その点でスタッフの人間性は大きな強みと言えるでしょうね。

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則