インタビュー

建築

サポートしてくれる方々へ恩返し

内山 お二人が従業員を大切に、楽しい職場にしようと努めていることがよく伝わってきました。それではあらためて、お互いの魅力をお聞かせください。

島村 岩下は一途な性格で、思い立ったらすぐ行動するところが魅力です。そこは昔から変わりません。

岩下 島村は、出会った頃と比べてずいぶん変わりました。今は何事も前向きに考えられる、誰よりも信頼のおける人間に成長してくれたと思います。彼に代表を任せているのは、まだ若くてこれからの人材だから。私は彼を、裏で支え続けたいと思っています。

内山 本当に固い絆で結ばれているんですね!そんなお二人で、この会社をどのように成長させたいと考えていますか?

岩下 私の夢は優秀な人材を育てて、当社を大きく成長させること。今年中にもう1~2台ほどダンプを増やし、5年以内には10台規模の会社にしたいですね。

島村 私は、岩下や従業員がいてくれることが仕事の原動力になっています。また、慣れない事務でわからないことがあると、独立前に勤めていた会社の社長や奥様に電話して、質問することもよくあるんですよ。そんなふうに私をサポートしてくれる方々へ恩返しするためにも、ますます頑張らなければと、決意を新たにしているところです。ただ、この仕事は一度でも事故を起こすと会社の信用が崩れてしまいます。その点だけは気を付けながら、焦らず、じっくりと会社を大きくしていきたいですね。

内山 お二人が素晴らしい仲間に囲まれて、充実した日々を送っていらっしゃることが良く分かりました。これからも、和気あいあいと仕事をしながら業績を伸ばしてください!

岩下 ありがとうございます。従業員やそのご家族とバーベキューを楽しむような、家族ぐるみで付き合える、温かみのある会社にしたいですね。

島村 忙しいながらも、今はとても楽しい時間を過ごしています。今後も、そんな毎日をいつまでも続けたいですね!

GUEST COMMENT

内山 高志

真面目で仲間思いの島村代表と岩下部長。お話を伺って、「企業は人なり」という意味をあらためて知った思いです。お二人の長い業界経験が、アイエス建興(株)さんの経営に生かされていると感じました。創業1年は、会社にとってもお二人にとってもまだまだ通過点。僕も同じ時期にジムをオープンした仲間ですから、お互いに頑張りたいですね!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則