インタビュー

建築

株式会社 KT仮設

20代前半の頃に足場工事会社に就職。次第に独立を志すようになり、31歳のとき、大阪府八尾市を中心に足場工事を手掛ける(株)KT仮設を前職の同僚と立ち上げた。「楽しい会社」「うそのない会社」を目指し、およそ10名のスタッフと共に日々まい進している。

株式会社 KT仮設
住所 [事務所・資材置き場]〒581-0037
大阪府八尾市太田4-39
[第2資材置き場]〒582-0016
大阪府柏原市大字安堂502-3
URL https://www.kt-kasetsu.co.jp/

矢部 まずは、柳田社長が現在に至るまでの歩みをお聞かせ頂けますか?

柳田 私は20代の頃、足場工事を手掛ける会社に就職したんです。大変なことも多く、苦しい時期もあったのですが、頑張った分だけ周りから評価されることが嬉しくて、独立を早い段階から志すようになりました。そして、約10年にわたって経験を積み、(株)KT仮設を起業した次第です。

矢部 では、現在はどのような業務を手掛けていらっしゃるのですか?

柳田 当社は足場工事の専門業者として、主にマンションなどの現場を任せて頂いているんです。安全な足場をご提供するために、何度もチェックを繰り返して、完璧な状態のものを設置しています。そして、現場に入るときや離れるときには周囲の清掃をし、はじめよりもきれいにするよう努めていて。私だけでなく、スタッフ全員がチームワークを大切にし、良い足場環境をつくっています。その結果、お客様からお褒めの言葉を頂くこともあるんですよ。

矢部 スタッフの方の結束力を高めるために、心掛けていらっしゃることはありますか?

柳田 日々、居心地が良く笑顔の絶えない「楽しい会社」にすることを心掛けています。具体的には、仕事終わりにスタッフ同士で食事へ行く機会を設けるだけでなく、季節のイベントの際には、スタッフのご家族も参加できる食事会を開催するなどしているんです。

矢部 そうした手間を惜しまない社長だからこそ、スタッフの方から寄せられる信頼も厚いものだと思います。では、今後の展開についてはいかがでしょう。

柳田 足場工事は体力的にも負荷が大きく、つらく感じることも多い仕事。だからこそ、スタッフがお互いに支えあって、楽しいことも苦しいことも一緒に乗り越えられるチームにしていきたいですね。
 また、新しいことにも挑戦していきたいと考えています。と言うのも、足場工事だけでなく事務職や営業職など他の職種に興味を持つスタッフや、独立を志すスタッフがこれから出てくるかもしれません。そうした状況を見据え、スタッフがあらゆることに挑戦できる環境を整えたいんです。そしてゆくゆくは、当社を母体とするグループ会社を立ち上げ、会社を支えてくれているスタッフが独立した後も、共に仕事を楽しんでいきたいですね。もっと会社を大きくしていけるよう、成長し続けてまいります。

GUEST COMMENT

矢部 みほ

柳田社長が終始笑顔で、本当に楽しそうにお仕事のことやスタッフの方のお話をされていたのが印象的でした。社長もスタッフの方も常に夢を持って仕事をされていれば、会社はより強く、大きく成長していくことでしょう。足場工事のプロとしてのさらなるご活躍を応援しています!


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則