インタビュー

スペシャリスト

株式会社 LiNKTH

学業修了後はアパレルメーカーに勤務し、ブランド運営に携わる。その後、IT業界へ転身し、ネットワークなどの提案営業に従事。物流会社へ転職し、約14年にわたって経験を積む。その後、独立して、2018年、(株)LiNKTHを設立した。

ロゴ
株式会社 LiNKTH
住所 〒279-0026
千葉県浦安市弁天町1-23-1 916
URL https://www.linkth.co.jp/

大路 まず、小橋社長が独立されるまでの歩みからお聞かせ頂けますか。

小橋 私はもともと洋服が好きだったので、大学卒業後はアパレル企業に就職しました。しかし10年ほど勤めた頃、会社が倒産してしまい・・・。ITに興味があったので、IT企業へ転職したのですが、程なくして知人が手掛けるアパレル商品の物流会社で働くことに。その中で、物流倉庫を構える会社の多くが、在庫や、人材の面で悩みを抱えていることを知りまして。そうした会社の力となるため、独立した次第です。

大路 では、具体的な業務の内容について教えてください。

小橋 荷主企業様や、アパレル企業様のお悩みを伺い、それぞれに適した物流倉庫の運営方法を考え、設計するサポートをしているんです。商品を管理し、輸送をする“物流”が商品サービス業界においてはとても大切。注文した商品が翌日に届いたら、大変便利ですよね。便利さが顧客満足度の向上につながり、企業の人気も上昇していく─。そこで私は、コンサル事業を通して、企業様のビジネスを支えたいと思っています。

大路 ただ、それによってますます人材不足が加速してしまいそうですよね。

小橋 おっしゃる通りです。しかし、サービスの発展とともに、ITの技術も進化し、物流業界はテクノロジーによる改革を進めているところでして。物流倉庫内の商品のピックアップをロボットが行う企業も出てきているんですよ。そうした時代の変化と発展にあわせて、アパレル、IT、物流業界に携わってきた経験に基づいたコンサルティングをできるのが私の強みなんです。例えば、在庫が滞留しないようにするために完成した商品が工場から物流倉庫に届いたら、その場で宣材写真を撮り、画像をすぐにインターネットにアップできる機能を倉庫の中に用意するのも良いでしょう。その他、人材不足の解消のために、ロボットや、同業他社間でのシェアリングビジネスを組み合わせた提案をしていきたいと考えています。

大路 無駄のない物流の仕組みが広まっていけば、より便利な社会となっていくでしょうね。

小橋 また、私はITと物流や、会社と会社をうまくつなげていくことが重要となると思っています。そこで当社の社名は、「Link(つなぐ)+Thanks(感謝)」を組み合わせて名付けました。

大路 では、今後のビジョンがあれば、ぜひお聞かせください。

小橋 もともと“物流”に関するセミナー活動をしていたのですが、これからも、物流に関わる方へその大切さを伝えていけたら良いですね。そうして、 “ファッション×IT×物流”という当社独自のコンサルモデルを軸に、物流から企業様のビジネスを元気にするための活動をし続けてまいります。

GUEST COMMENT

大路 恵美

お話を伺う中で、小橋社長の物流にかけるエネルギーを感じ、とても熱い方だと感服しました。物流業界では、解決すべき問題がまだまだ多くあるとのことですが、社長のこれまでの経験を生かしたコンサルティングによって、改善へと向かっていくことでしょう。今後のご活躍に期待しています。


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則